あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

カテゴリ: 釣行記

今シーズンの初カレイ釣りに東二見の東波止へ出撃しました。

自宅を出るのが少し遅くなり、7時頃に釣り場に到着しました。

今日は大潮で満潮が9時頃でしたので、丁度潮が緩み始める時間帯でした。

1投目からエサ取りが多く、マムシが秒殺でなくなります。

竿3本を打ち返し続けて、9時前にそろそろ潮止まりと思い、たっぷりマムシを付けて投げた所、着底後すぐに当りがありました。

巻き上げている最中に軽い締め込みもありましたので、これはカレイと確信し、釣り上げたのが、肉厚プリプリの26cmオスの

マコガレイでした。

Dscn06391

引き続き釣れた同じ投点に仕掛けを投入しましたが、今度はドラグを鳴らして、 24cmのキスが来ました。

Dscn06401

その後も3本の竿を投げ返し続けましたが、たまにチャリコが当たって来る程度となりました。

Dscn06411

昼の12時過ぎにエサ切れとなり納竿としました。

結局釣果は、マコガレイ1尾、シロギス1尾でした。

Dscn06421

正味の話、まともなカレイを釣ったのは久しぶり(何年振りかなぁ)なので、メッチャ嬉しかったです。

11月は、結婚式や海外出張があるため、来週から釣りは少しお休みします。

12月もこの調子でカレイが釣れるといいんですが・・・


一度投げ釣りをしてみたいと言う知合いと釣行することになりました。

その知合いが、大阪市内に住んでいるので、途中でピックアップ出来る鳴門の
土佐泊浦へ23日に出撃しました。

全くの初心者に投げた方、エサのつけ方、サビキ方等を教えながらの釣りでしたので、
釣果写真のみです。
DSCN0638

釣果はピン中心で2人で50尾とセイゴ1尾でした。

知合いは、ピンギスの当たりもちゃんと取って釣っていましたので、なかなか筋が
いい初心者でした。

キス釣りにもはまったみたいで、また行きたいと言ってましたが、もうシーズン終盤
ですので、次回は来年のハイシーズンに一緒に行くことを約束して、釣行を終了しました。

釣りをしている時は、ずっと私のことを師匠と言ってましたので、愛弟子1号に
任命しておきました。(笑)

会社は完全週休2日制なので、祝日出勤なのですが、今回は休みを
取ったので久々の3連休です。

3連休の最終日に嫁さんと映画へ行くことになったので、天気が一番悪い
今日9日に出撃しました。

天気が悪いだけでなく、時間が経つにつれ北風も強くなり、海も荒れて、
ほんまに最悪の日でした。

小浜周辺、東三松、由良川河口と回りましたが7尾のみの超貧果でした。
DSCN0637

最後に由良川河口へ行きましたが、砂洲が完全に無くなっており、河口の形は
すっかり変わっていました。
DSCN0636

毎年のことですが、こうなるともう終了です。

また来シーズンです。

何故か、由良川河口へ行くと顔を合わすおじさんも宮津で全然ダメで、
ここもこんな感じなら竿出ししないで帰ると言ってました。

今日は久々の釣りでしたが、何故か9月~10月はいい思いをした記憶が
ありません。

なかなか落ち爆に巡り合えません。(悲)


最近ちょっと疲れ気味で、釣行から帰って来てすぐ更新が出来ず、ちょっと
遅れ気味の公開です。

9月11日に天橋立へ出撃しました。

最初は、由良川周辺へ出撃するつもりでしたが、京都縦貫道を走ってて、
フィンガープロテクターを忘れたことに気付き、G輪堂は品切れで、結局宮津の
フィッシングN島でやっと購入出来たので、そのまま近くの天橋立にしました。

この日は、忘れ物をする日で、デジカメを車に忘れて釣り場に行ってしましたので、
釣果写真しかありませんので、お許し下さい。

天橋立は、小天橋の浜を先端まで釣り歩きましたが、ポイントが6~5色と遠いので、
ヘタレな私は、コンスタントにポイントに届かず、かなり苦労しました。

7時から12時まで釣りましたが、結果は15~21cmが12尾でした。
DSCN0632

常にフルスイングでしたので、かなり疲れました。

帰りに由良川河口(神崎側)に立ち寄りました。

毎年のことながら、この時期は高潮や雨の影響で砂洲の形状が大きく変わります。

今年も縦に伸びていた砂洲が途中で分断されており、先端付近まで行けませんでした。
DSCN0633

海も荒れており、数投しましたが、全くダメでした。

来週は天気も悪そうですし、どこに行こうか悩みます。


夏期休暇も後半になり、恒例の後輩のイッペイ、上ちゃんとの釣行に18日の
夜から由良川河口へ出撃しました。

昨年からイッペイは、九州で単身赴任、今年から上ちゃんは名古屋に赴任という
状況の中、集合してもらいました。

18日の深夜に神崎海水浴場に到着し、一杯やって就寝し、翌19日の朝から
釣り開始です。

いつもの河口の場所で、1投目から20cmで幸先良しです。
DSCN0600

DSCN0601

中型の単発で続きます。
DSCN0602

DSCN0603

すぐにヒイラギが目覚めて来ました。
DSCN0604

DSCN0605

ヒイラギの猛攻に遭うと思いましたが、意外と少なく、その後単発や連でぼつぼつ
釣れて来ます。
DSCN0607

DSCN0608

DSCN0609

早巻きで仕掛けを回収していたら金ビーズに反応したのかダツが来ました。
DSCN0613

この日は16日の夕刻から降った大雨の影響か、少し濁りあり、流木が多くて
仕掛けに絡んで来て、釣り辛い状況でした。

そこで流れがあまりなく、流木がない砂洲の東側で投げてみました。

単発ですが、川筋と同サイズが来ます。
DSCN0616

DSCN0617
流れのヨレに投げると25cmが連続で来ました。

これにはちょっとビックリでした。

DSCN0618

DSCN0619

DSCN0620

DSCN0621

このすぐ後に大きな当たりがあり、巻き上げている時のシルエットから超大型キスと
思いましたが、マルタでした。
DSCN0623

この場所で色々な方向に投げているとキスの溜まり場があり、4連、2連と続きます。
DSCN0626

DSCN0625

DSCN0627

この時点で時間も昼前になっていたので、納竿することにしました。

釣果はピン~25cmの39尾でした。

後輩の釣果写真はありませんが、両名共に20cm以上を2~3尾含んで
20尾前後でした。

今回は、気の合った仲間との本当に楽しい釣行でした。
DSCN0630


↑このページのトップヘ