あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

カテゴリ: 釣行記

最近、放置気味になっていましたので、久々の更新です。
年に1~2回ですが、BBQを兼ねてアマゴやマス釣りに出掛けます。
日曜日(4月16日)は天候が良かったのと、長男の孫が一緒に遊びたいと
いうので、嫁と長男一家合せて5人で、吉野の川上村にある高原川まで
出掛けました。
写真は撮れせんでしたが、道中の吉野の桜は満開で、大変奇麗でした。
ゆっくりスタートでしたので、昼の12時過ぎに高原川に到着し、アマゴを
2杯放流してもらい、竿2本を5人で交替して釣りました。
人数分の5尾を確保した時点で、BBQスタートです。
DSCN0675
河原でのBBQ風景です。
天気が良かったのと、1日野外にいたので、帰宅後の花粉症は半端なく
酷かったです。
DSCN0674
BBQ後に釣りを再開し、16時まで釣りましたが、ポツリポツリ釣れ続け、
塩焼きで食べたのを含め、19尾の釣果でした。
DSCN0676
キスのシーズンになれば、投げ釣りばかりになるので、たまには違う釣りを
するのも、別のおもしろさがあり、楽しかったです。
そろそろ投げ釣りも始動しないといけないと思っていますが、GW前になる
かなぁという感じです。



遅ればせながらの初釣りに、本日1月22日に出掛けました。
場所は、淡路島の福良です。
毎年初釣りは、時期的にいい思いをしたことがありません。
今年も期待せずの釣行です。
朝のうちは写真のように穏やかな天候でした。
DSCN0660
しかし生体反応はなく、アタリは全くありません。
エサ取りすらいません。
時間が経つにつれ、真横からの風が凄く強くなり、半端ない寒さになって
来ました。(写真では判りにくいですが、凄い風です。)
DSCN0662
時折、小雨も降って来るようになったので、寒さに耐え切れず、13時前に
納竿しました。
結局、生体反応は全くなく、寒いだけの釣行となりました。
初釣りは時期が時期だけにこんなもん、久し振りに竿が振れて良かったと
無理矢理、自分自身を納得させて、帰路に就きました。

今シーズンの初カレイ釣りに東二見の東波止へ出撃しました。

自宅を出るのが少し遅くなり、7時頃に釣り場に到着しました。

今日は大潮で満潮が9時頃でしたので、丁度潮が緩み始める時間帯でした。

1投目からエサ取りが多く、マムシが秒殺でなくなります。

竿3本を打ち返し続けて、9時前にそろそろ潮止まりと思い、たっぷりマムシを付けて投げた所、着底後すぐに当りがありました。

巻き上げている最中に軽い締め込みもありましたので、これはカレイと確信し、釣り上げたのが、肉厚プリプリの26cmオスの

マコガレイでした。

Dscn06391

引き続き釣れた同じ投点に仕掛けを投入しましたが、今度はドラグを鳴らして、 24cmのキスが来ました。

Dscn06401

その後も3本の竿を投げ返し続けましたが、たまにチャリコが当たって来る程度となりました。

Dscn06411

昼の12時過ぎにエサ切れとなり納竿としました。

結局釣果は、マコガレイ1尾、シロギス1尾でした。

Dscn06421

正味の話、まともなカレイを釣ったのは久しぶり(何年振りかなぁ)なので、メッチャ嬉しかったです。

11月は、結婚式や海外出張があるため、来週から釣りは少しお休みします。

12月もこの調子でカレイが釣れるといいんですが・・・


一度投げ釣りをしてみたいと言う知合いと釣行することになりました。

その知合いが、大阪市内に住んでいるので、途中でピックアップ出来る鳴門の
土佐泊浦へ23日に出撃しました。

全くの初心者に投げた方、エサのつけ方、サビキ方等を教えながらの釣りでしたので、
釣果写真のみです。
DSCN0638

釣果はピン中心で2人で50尾とセイゴ1尾でした。

知合いは、ピンギスの当たりもちゃんと取って釣っていましたので、なかなか筋が
いい初心者でした。

キス釣りにもはまったみたいで、また行きたいと言ってましたが、もうシーズン終盤
ですので、次回は来年のハイシーズンに一緒に行くことを約束して、釣行を終了しました。

釣りをしている時は、ずっと私のことを師匠と言ってましたので、愛弟子1号に
任命しておきました。(笑)

会社は完全週休2日制なので、祝日出勤なのですが、今回は休みを
取ったので久々の3連休です。

3連休の最終日に嫁さんと映画へ行くことになったので、天気が一番悪い
今日9日に出撃しました。

天気が悪いだけでなく、時間が経つにつれ北風も強くなり、海も荒れて、
ほんまに最悪の日でした。

小浜周辺、東三松、由良川河口と回りましたが7尾のみの超貧果でした。
DSCN0637

最後に由良川河口へ行きましたが、砂洲が完全に無くなっており、河口の形は
すっかり変わっていました。
DSCN0636

毎年のことですが、こうなるともう終了です。

また来シーズンです。

何故か、由良川河口へ行くと顔を合わすおじさんも宮津で全然ダメで、
ここもこんな感じなら竿出ししないで帰ると言ってました。

今日は久々の釣りでしたが、何故か9月~10月はいい思いをした記憶が
ありません。

なかなか落ち爆に巡り合えません。(悲)

↑このページのトップヘ