あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

カテゴリ: 釣行記

5月19日に代理店会の総会が鳴門で開催されたので、鳴門まで行って
釣りをしないわけには行かないので、翌20日に土佐泊浦へ出撃しました。
ホテルの朝食後から釣り場に向かいましたので、釣り場には9時前に到着
でした。
DSCN0705
ここは上げ潮の釣り場ですので、干潮が10時半頃でしたので、しばらくは
釣りにならないと思いながらの竿出しです。
1投目、2投目素針で、3投目はガッチョでした。
DSCN0706
次に場所移動をしてすぐに2色目でアタリがあり、連で来ました。
DSCN0707
おぉ、これはと思いましたが、後が続かず、釣れない時間が続きましたが、
上げ潮になれば状況が変わると信じて場所移動を続けました。
連掛けから2時間後、やっと3尾目が来ました。
DSCN0708
この後、すぐに連で来ました。
DSCN0709
上げ潮になり好転したと思いましたが、後が続きません。
もっと潮が高くなれば好転すると思い投げ続けましたが、全く状況が変わら
なかったので、忘れた頃に釣れた3尾を追加して納竿としました。
DSCN0710

DSCN0711
4時間程釣りをして、釣果はピン~15cmが8尾でした。
DSCN0712
この日は天気が良くて、気温が30°C近くになる予報でしたので、短パン・
サンダル履きで釣りましたが、海水に足を浸けると非常に冷たく、長時間
浸けることが出来ませんでした。
このよう状況ですので、鳴門のキスはもう二息って感じかなぁ・・・

今日は大阪市内在住の愛弟子と鳴門へ行く予定でしたが、愛弟子が
急遽都合で行けなくなったため、ホームグランドの由良川河口(神崎側)へ
出撃しました。
DSCN0685
くまきちさんのブログで開幕しいることは確認していますが、昨日の雨の影響が
どう出るのか、ちょっと不安を感じながらの釣行です。
一投目で弱々しい前アタリの後、しばらく止めて待っていると、これも弱々しい
本アタリで、15cmぐらいのが来ました。
DSCN0686
続けて2投目、3投目とマイクロピンで、4投目で弱々しい前アタリの後、
辛抱して待って、連掛け出来ました。
DSCN0687
その後、アタリがあっても乗らなかったり、来ても単発という状況が続き、
盛期のように数が伸ばせません。
DSCN0688

DSCN0689

DSCN0690
型も空揚げサイズが中心です。
下の写真の連掛けでツ抜け達成です。
釣り始めて3時間半後の10時前でした。
DSCN0694
そうこうしていると大型魚に追われてか、鳥に追われてか、浜におびただしい
数のカタクチイワシが打ち上げられて来ました。
DSCN0691
鳥山も半端なかったです。
DSCN0693
ルアーを投げている人がいましたが、何も掛かってませんでした。
その後、ゴンゴンというキスと違うアタリでマルタが来たり
DSCN0697
キスの方は、たまに連掛けがありますが、ほとんど単発です。
DSCN0700

DSCN0701

DSCN0702
浜に打上げられているカタクチイワシは、私が移動するやいなや、カモメと
カラスがほとんど片付けて行きました。
ピンボケで申し訳ないですが、この連掛けでカウンターも20を超え、時間も
13時を回っていたので、納竿としました。
DSCN0703
釣果はピンから15cmが23尾でした。
DSCN0704
今回、超スロー引きで弱々しい前アタリ後、止めないと針掛りしませんでしたが、
アタリは3~2色であり、上げ潮に変わってからは、2色が中心でした。
でもこの時期はサビいてるだけでは釣れないので、やっぱり難しいですね。

4月29日よりGWが始まりましたが、今年のGWは、2月に生まれた
2人目の孫のお食い初めや私のおかんの米寿のお祝い等の行事があり、
ゆっくり釣りに行けるのは5月1日のみでしたので、キス狙いかカレイ狙いか
と悩みましたが、ダメ元でカレイ狙いで淡路島へ出撃しました。
最初に竿を出したのは、仮屋漁港です。
DSCN0678
竿出ししてすぐに小型のクジメが釣れました。(リリース)
DSCN0677
その後エサ取りが多く、
あまり釣れる気がしなかったので、場所替えしました。
次に向かったのが、仮屋漁港からあまり離れていない大磯海岸です。
DSCN0679
ここでもエサ取りが多く、時折フグが針掛りしてきます。
DSCN0681
ちょっといい当たりで上がって来たのは、ササノハベラでした。
DSCN0680
このササノハベラが釣れた後もエサばかり取られるので、あきらめて納竿しました。
結局まともな魚は釣れず仕舞いでした。
次回の釣行からは、キス狙いです。
今回は久し振りの投げ釣りで、次回からのいいウォーミングアップになりました。

最近、放置気味になっていましたので、久々の更新です。
年に1~2回ですが、BBQを兼ねてアマゴやマス釣りに出掛けます。
日曜日(4月16日)は天候が良かったのと、長男の孫が一緒に遊びたいと
いうので、嫁と長男一家合せて5人で、吉野の川上村にある高原川まで
出掛けました。
写真は撮れせんでしたが、道中の吉野の桜は満開で、大変奇麗でした。
ゆっくりスタートでしたので、昼の12時過ぎに高原川に到着し、アマゴを
2杯放流してもらい、竿2本を5人で交替して釣りました。
人数分の5尾を確保した時点で、BBQスタートです。
DSCN0675
河原でのBBQ風景です。
天気が良かったのと、1日野外にいたので、帰宅後の花粉症は半端なく
酷かったです。
DSCN0674
BBQ後に釣りを再開し、16時まで釣りましたが、ポツリポツリ釣れ続け、
塩焼きで食べたのを含め、19尾の釣果でした。
DSCN0676
キスのシーズンになれば、投げ釣りばかりになるので、たまには違う釣りを
するのも、別のおもしろさがあり、楽しかったです。
そろそろ投げ釣りも始動しないといけないと思っていますが、GW前になる
かなぁという感じです。



遅ればせながらの初釣りに、本日1月22日に出掛けました。
場所は、淡路島の福良です。
毎年初釣りは、時期的にいい思いをしたことがありません。
今年も期待せずの釣行です。
朝のうちは写真のように穏やかな天候でした。
DSCN0660
しかし生体反応はなく、アタリは全くありません。
エサ取りすらいません。
時間が経つにつれ、真横からの風が凄く強くなり、半端ない寒さになって
来ました。(写真では判りにくいですが、凄い風です。)
DSCN0662
時折、小雨も降って来るようになったので、寒さに耐え切れず、13時前に
納竿しました。
結局、生体反応は全くなく、寒いだけの釣行となりました。
初釣りは時期が時期だけにこんなもん、久し振りに竿が振れて良かったと
無理矢理、自分自身を納得させて、帰路に就きました。

↑このページのトップヘ