あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

2015年10月

毎年カレイを狙うのは11月になったからなんですが、今シーズンは少し早めから狙おうと思い、東二見の白灯波止に出撃しました。

6時半に釣り場に到着しましたが、既に外向きは投げ釣り師やサビキの人で一杯のため、仕方なく、内向きに釣り座を構えました。

Dscn0373

3本の竿を準備し終えたのは、7時過ぎでした。

Dscn0372

この日は向かい風が倒されそうなぐらいに吹いており、当りも判らない状況でしたが、投げる度に海毛虫が喰い付いて来るので、

たまりません。

Dscn0374

釣り始めて3時間後、向かい風でもはっきり竿を引き込んで、キスの21cmが来ました。

Dscn0375

その約1時間後、同サイズを追加です。

Dscn0376

当たりもなく、海毛虫ばかりなので、帰ろうかと思った時に20cmのキスが来ました。

Dscn0377

結局、いつものようにカレイは釣れず、キス3尾のみでした。

Dscn0378_2

毎シーズンカレイ釣りには苦労してますが、〇ボで無かったので、まだマシでした。

これからしばらくはカレイ狙いで神明間や淡路島への釣行になります。

話では今シーズンの神明間のカレイは好調とのことですんで、次こそはいい釣りが出来るんではないかと思ってます。

思うだけで終わりそうですが・・・

10月11日、舞鶴、宮津方面も芳しくないようなので、またまた鳴門へプチ遠征しました。

前回の釣行では潮が下がると良くなかったので、今回は上げ潮を狙いで釣行しました。

この日は大潮で鳴門付近の満潮は6時25分、18時33分、干潮が12時25分でしたので、10時頃自宅を出て、12時30分頃から

釣りを開始しました。

Dscn0354_2

ここは大潮の干潮時10m近く海岸線が下がります。

竜宮の磯の左側のテトラの端から第1投です。

竿先を小さく振るわして、ピンが来ました。(リリース)

Dscn0355_2

その後数投素針が続き、潮の低い時は期待していなかったので、鳴門大橋側の次のテトラの切れ目へ移動します。

ここでは1色目からテーパに変わる所で大きい当りがあり17cmが来ました。

ここはいつも1色以内で来ます。

Dscn0356_2

ここでも後が続かず、移動を繰り返しますが、リリースサイズのピンしか来ません。

その後、潮位が高くなって、1色以内で活発に当たるようになって来ました。

まあまあな型も交じりますが、ほとんどがピン~12cmぐらいで型が良くありません。

Dscn0357

Dscn0359

1つのポイントで数投するとリリースサイズのピン中心になるので、移動を繰り返します。

その後同様な状況が、納竿まで続きました。

Dscn0361 Dscn0362

Dscn0364

Dscn0365

Dscn0367

結局キープしたキスはピンから12cmが24尾、17~18cmが8尾の合計32尾でした。

上げ潮時に1色以内で良型がバンバンと思っていたのですが、非常に型に不満の残る釣行となりました。

↑このページのトップヘ