あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

2015年09月

SWは5連休の方が多かったと思いますが、私の会社は完全週休2日制なので、祝日は全て出勤なので、

土日の19日、20日のみ休みでした。

嫁さんが土曜日に仕事があった関係で21日に休暇を取り、20日から十津川温泉に出掛けました。

十津川温泉と言えば、一番有名な谷瀬の吊り橋です。

Dscn0337

渡る人が多かったですが、風景は最高でした。

Dscn0338

次に向かったのが、笹の滝です。

行く道中の山道が半端なく細くて大変でした。

Dscn0340

まあまあ迫力のある滝でマイナスイオンとα波は一杯浴びて来ました。

この日は十津川温泉郷の上湯温泉に宿泊し、次の日に最初に向かったのは、熊野三山奥の宮、玉置神社です。

Dscn0346

杉の巨木連なる参道を歩いて本社に向かいます。

Dscn0351

Dscn0353

パワースポットと言われるだけあって、杉の巨木からパワーをもらえたような気がします。

駐車場からの眺めも最高でした。

Img_0016

最後に訪れたのは、マイナスイオンの滝と言われる瀬野の滝です。

Img_0032_4

広い滝壺が間近で見れる滝です。

十津川温泉は奈良県にあるので、そんなに遠くないと思っていましたが、実際に走ってみると山道も多く、長岡京から

4時間近く掛りました。

でも自然一杯で、マイナスイオンやα波を一杯浴びれて、杉からのパワーももらい、リフレシュ出来たいい旅行でした。

ここ3週間天候の関係等あって釣りに行けてなかったので、久々の釣行をどこにしようかと悩みましたが、鳴門の

土佐泊浦へプチ遠征しました。

6時半過ぎに釣り場に到着し、7時前から釣りを開始しました。

まずは、竜宮の磯がある浜のテトラの切れ目から第1投です。

Dscn0315

1投目、いきなり1色で20cmが来ました。

Dscn0316

後が続かず、数投素針が続き、鳴門大橋側の次のテトラの切れ目へ移動しました。

ここでも1投目で20cmを少し切れるサイズが来ましたが、さっきと同じで後が続きません。

Dscn0317

また次のテトラの切れ目へ移動し、いい当たりがありましたが針に乗らずで、その後当たりなく、一番鳴門大橋側のテトラの

切れ目へ移動です。

ここでは、いきなり中型の4連、3連と続きました。

全て1色目です。

Dscn0319

Dscn0320

Dscn0321

Dscn0322

Dscn0323

ここから潮の引きが大きくなり、フグしか釣れなくなりました。

Dscn0324

移動してもフグか素針で時間だけが過ぎて行きます。

カウンターが19でしたので、最低でも20までと思い、竜宮の磯の右側の浜へ移動しました。

ここで単発ながら2尾追加し、20尾を超えたので11時半に納竿としました。

Dscn0325

最後の1投で来ましたが、20cmを超えてると思いましたが、少し足りませんでした。

Dscn0326_2

釣果は15~18cm中心で21尾でした。

Dscn0327_2

潮が引くと大きい所で10m近く海岸線が後退するので、キスの群れも沖へ移動するようで、潮さえ動いていれば釣れる

日本海側との違いを痛感しました。

今回は下げ潮時を釣りましたが、次回からは上げ潮時を攻めなあかんとつくづく感じました。

↑このページのトップヘ