あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

2014年10月

昨日10月26日、大阪マラソンに出場しました。

今までフルマラソンは、篠山ABCマラソンを2回走りましたが、全て4時間40分台のタイムでした。

篠山マラソンはアップダウンの多いコースですが、大阪マラソンはほとんど平坦なコースですので、

自己記録更新を狙って走りました。

スタート直後は陰になってて良かったのですが、御堂筋を走っていると日差しが強く、またこの日は

最高気温が26℃になる夏日で給水の度に水をかぶりましたが、暑さで体力が消耗され、25kmを

過ぎた地点でバテました。

何とか完走はしましたが、今までの最悪タイム5時間22分9秒でした。

Dscn0086

沿道の声援やゴール付近で待っている会社の仲間の応援がなかったら完走は出来なかったと思います。

ほんま感謝!感謝!です。

次は2月15日の京都マラソンに出場します。

自己記録更新に向けて、トレーニング続けます。

一度半夜釣りをしたかった鳴門の土佐泊浦へ10月18日の午後から出撃しました。

16時頃からまずキスの引き釣りから始めました。

ここは1色で釣れるので、シーバスロッドでの釣りです。

Dscn0076

1色でええ型を期待しましたが、今回は全く当りがなく、数投してリリースサイズのピンしか釣れないので、

置き竿の準備に取り掛かりました。

Dscn0077

Dscn0078

3本準備し終わった時には、既に薄暗くなってましたが当りは全くなく、エサばかり取られます。

Dscn0079

20時も過ぎて、もう今日は〇ボかとあきらめかけた時、3色目のかけ上がりを攻めていた竿のドラグが走りました。

ドラグを締めてリールを巻きましたが、かなりの抵抗で上がって来たのが、37cmのマダイでした。

Dscn0082_2

これからと思いその後も投げ続けましたが、エサ取りのフグが時折針掛かりするのみで、21時半に納竿しました。

今回はええ型のキスを期待したんですが、出会い頭で釣れたマダイのみでした。

マダイもこのくらいのサイズになると刺身、アラ炊きと嫁さんと2人の食卓には充分過ぎるほどありました。

湯引きにした皮付き刺身と普通の刺身です。

Dscn0083

ゴボウがなかったので、行きしなに淡路SAで購入した玉ねぎと炊いたアラ炊きです。

Dscn0085

メッチャおいしかったです。

台風が来るので釣行は無理かと思いましたが、台風の動きが遅かったので、12日は何とか天気が持ちそうなので出撃しました。

まずはホームグランドの由良川河口(神崎側)からスタートです。

今日も海側は白波が立って荒れています。

Dscn0058

濁りがありましたが、荒れていない由良川鉄橋側へキャストです。

Dscn0059

一投目から小型ですが、釣れて来て幸先良しでしたが、前回同様後が続きません。

Dscn0060

30分後に同サイズ追加

Dscn0061

続けて同サイズが来ましたが、単発です。

Dscn0062

マゴチのリリースサイズがイシゴカイに当って来ました。

Dscn0063

やっぱり同サイズの単発です。

Dscn0064

近くで竿出ししてた人も同様の状況でしたので、場所替えしようと思い、河口から上流寄りに移動しながらキャストして行きました。

ちょっとましなサイズが連で来ました。

Dscn0065

小型のシマイサギとマゴチの連です。

Dscn0066

下の連が釣れた後、カウンターが10になったので、場所替えすることにしました。

Dscn0067

由良川河口では2時間釣って10尾でした。

Dscn0068

次は波の穏やかな西宮津にしましたが、1投目で中型が来たのみで全くでした。

Dscn0069

次は杉末の波止の南端にある川尻に行きました。

ここで由良川河口でお会いした方が先客で道路沿いから釣っておられました。

またお会いましたねと状況を聞くと10尾程釣って、小型のフグが多くなったので帰るとことのことでした。

私は干潮で浜が出てたので、浜に降りてシーバスロッドで釣りました。

Dscn0075

数投した後、1色目でいい当たりがあり、15cmクラスが来ました。

Dscn0070

単発ながらまた1色で同サイズを4尾追加した後、まぁまぁの型が来ました。

シーバスロッドなので、このサイズでも竿が引き込まれます。

Dscn0071

やっと3連掛けが出来ました。(これも1色です。)

Dscn0072

続けて単発で来ましたが、今日は家にお客さんが来るのでタイムリミットとなり、納竿しました。

Dscn0073

ここでは1時間程釣り10尾でした。

西宮津の1尾と合わせて11尾です。

Dscn0074_2

今回も思うように数を伸ばせませんでしたが、由良川河口は濁りがなければまだまだ行けるように感じました。

宮津湾も条件さえ合えば、もっと数は伸ばせそうですし、今年は12月初旬の天橋立周辺の落ち爆も狙いたいと思っています。

↑このページのトップヘ