あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

2012年10月

由良川河口へ頻繁に半夜釣りに出掛けますが、経験上、満潮前後はフグ、ハゼ等のエサ取りが多く、あまりいい釣果が

 

望めず、逆に干潮前後の方が型のいいのが釣れると思っています。

 

10月27日は干潮が19:03(舞鶴西港)でおまけに月夜となるので、絶好の半夜釣り日和と思い出撃しました。

 

並継の竿を振って引き釣りしたいと思ったので、自宅を少し早めの10時に出発、日中なので早朝や夜のように

 

思うように走れず、いつもの駐車場所に12時半頃到着し、13時頃より釣り開始しました。

 

1投目からお決まりのヒイラギ4連でスタートでした。

 

Pa270360

 

その後も投げる度にヒイラギばかりで、おまけにヒイラギも落ちに入るのか、夏場に釣れるサイズより一回り大きいのが

 

釣れて来ます。

 

数投してやっと小型のキスが釣れました。

 

Pa270361

 

その後も由良川鉄橋側、海側と投げ歩きましたが、最初に釣れたのと同サイズを1尾追加したのみで、15時半頃に

 

引き釣りを終了しました。

 

この日は川上から吹く風が強く、由良川鉄橋側は逆風、海側は追い風となるため、海側で投げた時には、

 

日頃はあまり飛ばない私でも6色付近まで糸が出て、気分は壮快でした。

 

終了間際に波打ち際で大型が釣れたと勘違いさせた、セイゴの2連です。

 

Pa270362_2

 

車に戻り、置き竿セットに交換し16時半前から釣りを再開しました。

 

河口の先端に入りたかったのですが、先客が2組いたので、先端より少し内側に陣取りました。

 

1投目からドラグを鳴らして、25cmが来ました。

 

Pa270363

 

これは幸先良しと思いましたが、あとが続かず、またヒイラギばかりが釣れて来る状況になりました。

 

18時頃に先端の2組が帰ったので場所替えしましたが、この頃から川上からの風が更に強くなり、魚の当たりも

 

なくなり、少しメゲそうになりましたが、干潮の潮止まり前後に時合いが来ると信じて、投げ続けました。

 

気持ちが通じたのか19時頃に強風下でもハッキリ判る当りが出て、釣れてきた22cmです。

 

Pa270365

  

この22cm釣れて約30分後に竿をひったくる当りがあり、合わせを入れて巻き上げるとかなりの手応えで

 

釣り上げた瞬間は尺越えと思いましたが、2cm足りない28cmでした。

 

Pa270367_2

この後、続けて当りがあり22.5cmが釣れて来ました。

 

Pa270368_2

これは時合いと思いましたが、その後大きな当たりでギギが釣れて来たのみで、キスの当りがなくなりました。

 

Pa270370

 

風も更に更に強くなり、ちょっと身の危険を感じるようになったので、20時に納竿としました。

 

釣果は昼間に釣った小型と合わせて6尾でした。

 

Pa270373

 

数はともかく、強風の悪条件下で読み通りに大型が釣れたので、納得の行く釣行となりました。

 

天候からしても今回が今シーズン最後の半夜釣りになると思いますが、念願の尺超えのキスは、来シーズンまでの

 

お預けとしときます。

 

タイトルから千里浜で釣りしたんかと思われそうですが、単なる旅行記です。

10月13日に金沢営業所のメンバーとゴルフをすることになり、大阪から後輩3人を引き連れて、山代温泉にあるゴルフ場に

早朝から向かいました。

ゴルフは超ヘタクソなので、ゴルフのことは書き込みませんが、宿泊する所が石川県の徳光海岸の裏でしたので、14日の

早朝から釣りでも出来たらと一応投げ竿を持って行きましたが、13日夜からの宴会で朝起きることが出来ず、二日酔いで

朝を迎えました。

前日の夜の飲み会の会話で大阪組の後輩たちが千里浜ドライブウェイのことを知らないと判明したので、14日の午前中に

千里浜ドライブウェイに寄りました。

日本で唯一、砂浜のドライブウェイ、千里浜です。

Dsc_0274

投げ釣りをする人が所々見られましたが、釣れている様子はありませんでした。

Dsc_0275

砂の芸術作品もありました。

Dsc_0273

このような広大な砂浜を見ているとめっちゃ釣りをしたくなりましたが、竿は持っているけど、エサがないので、話になりません。

来年も北陸でゴルフをする予定ですので、次は必ず釣りをして、このブログで紹介させてもらいます。

それでは・・・

10月7日に久々の天橋立に出撃しました。

夕刻に知人のお通夜があるため、13時までの時間制限釣行でした。

9月末の台風で少しは海況が良くなったやろと思いながら、また前日の雨の影響はどうやろと気にしながら、4時に自宅を出発し、

道中雨に降られながら6時過ぎに智恩寺の駐車場に到着しました。

道中降っていた雨は、釣りをする時にはやんでおり、6時半前から大天橋の東端の浜で釣りを開始しました。

第一投目は20cmにちょっと足りないキスとミニカワハギでした。

Pa070360

一投目からキスが来たので、この感じで続けるぞと気合いを入れて第二投目を投げましたが、この後全く当りがなく、

エサ取りすら当りません。

大天橋の浜を移動し続けましたが、やっと釣り開始1時間半後に2尾目が釣れました。

Pa070361

小型のマゴチも釣れたりしましたが、ピンを2尾追加したのみで、このままではアカンと思い、10時頃に由良海岸へ

場所替えすることにしました。

Pa070362

由良海岸は写真のように荒れており、三投して全く当りがなかったので、即由良川河口へ場所替えすることにしました。

Pa070363

海側とは反対の由良川鉄橋側は穏やかですが、空は鉛色で時雨模様でした。

Pa070364

ここでの一投目はヒイラギの5連パーフェクト。

Pa070365

二投目以降もチャリコ、ヒイラギとエサ取りの当りは活発でした。

Pa070366

数投後、やっとテーパラインの結び目より手前で釣れたキスです。

Pa070367

その後、同じ位置で小型を3尾追加しましたが、この頃から海からの風が非常に強くなり、時折降ってくる雨に打たれた時の寒さが

半端ではなくなったのと13時のタイムリミットも迫ったので、納竿することにしました。

結局、天橋立で4尾、由良川河口で4尾、合計8尾の超貧果でした。

Pa070368_2

海、天候も穏やかになれば、キスも戻って来ると思いますが、宮津湾内は兎も角、由良周辺での釣りはもうそろそろ終盤かなぁと

思わせる釣行となりました。

↑このページのトップヘ