あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

2012年07月

晴天の夏空が続き、そろそろ由良川の濁りも消えたやろうと思い、7月28日に再び半夜釣りに出撃した。

今回は明るい内に引き釣りもやろうと思い、置き竿仕掛けと引き釣り仕掛けの2種類を持って行くことにした。

いつものように14時に自宅を出発し、16時半に釣り場到着し、置き竿用の竿を2本いつでも投げれるよう準備して、

3本目を暗くなるまでの引き釣り用として17時前から釣りを開始した。

1投目に20cmに少し足りないまあまあの型が釣れて来ました。

P7280355

その後2連や3連がありましたが、引き釣りでは型が小さい!!!(やや不満)

P7280356

P7280357

いい当りで20cm以上と思いましたが、20cmに少し足りませんでした。

P7280358

6時半前に引き釣りをやめ、置き竿体制に入りましたが、最初に準備した2本を投げて、引き釣りの竿を置き竿仕掛けに

替えている最中に当りがあり、その後頻繁に当りがあり、落ち着いて仕掛けの変更が出来ない、魚の写真が撮れない状態に

なりました。

2時間程夢中で釣りましたが、針に乗ったり、乗らなかったりがあり、引き釣りで12尾、置き竿で12尾の計24尾でした。

P7290356_2

最長は上の写真の一番上のキスで、釣り上げた時は25cmちょっと切れるぐらいだったのですが、後で測ると23cmでした。

釣りに夢中で気付くと低い雲が垂れ込めており、雷鳴も聞こえ、パラパラと雨も当って来たので、当りが無くなったのを機に

納竿としました。(結局雨は降りませんでしたが・・・)

やっぱり置き竿、引き釣りの二刀流はあきません。

どちらか一本に絞って行かなあかんと、反省する釣行となりました。

これからもいい天気が続くと思いますので、ますます由良川河口のキスは調子を上げて行くと思います。

近畿地方も梅雨明け宣言されたので、そろそろ半夜の大型狙いと思い、7月21日に由良川河口へ出撃しました。

今回の同行者は会社の後輩のF君改め、フジイ(新婚さん)です。

彼とは2011年5月に強風になって以来、天候に恵まれることがなく、今回も釣行日前日に雨となり、当日は午前中に

大雨となりました。

ネットの雨雲レーダを見ると京都北部には雨雲がかかっていなかったので、釣行は実施することにし、14:00に自宅を

出発しました。

今回は、7月7日に納車された新車での初めての釣行になります。

7年間色々な釣行に活躍してもらったラフェスタです。

Dsc_0253

これから活躍してもらうデュアリアスです。

Dsc_0260

途中釣り具屋に寄ったり、夕食を調達したりしながら17:00頃に釣り場に到着しましたが、案の定由良川は濁っており、

海も荒れている厳しい状況でした。

Dsc_0261

3本体制で行きたい所でしたが、この状況の中ですので、2本体制で由良川鉄橋方向に投げて釣りを開始しました。

最初の当りはギギでした。

Dsc_0264

このサイズのギギがその後3連続で釣れて来て、次はシマイサギの2連続となりました。

Dsc_0265

Dsc_0266

私には汽水系の魚ばかり釣れるのですが、私の左手に釣座を構えたフジイは3色辺りで17~18cmのキスを2尾ゲットしており、

更に何度か針に乗らなかった当りもあったようなので、フジイの左手に釣座を変更することにしました。

釣座変更後すぐの19時前に3色辺りで釣れた25cmです。

Dsc_0267

その20分後に釣れた同サイズです。(ピンボケですんません。)

Dsc_0268

この2尾が釣れた時にフジイも24cmを釣りました。(写真なし)

その後当りがなくなり、手持ち無沙汰な時間を過ごしましたが、20時半頃に18cm級を2尾追加しました。

結局、22時半までに粘り、フジイは24cmを含め3尾でした。

Dsc_0270

私は25cm級2尾を含め4尾でした。

Dsc_0271

ここの所、条件の悪い中での釣りばかりですが、今週から本格的な夏空になるようですので、どんどん条件が良くなってくると

思いますので、週末は時間があれば、夜な夜な大型狙いで出撃したいと思います。

↑このページのトップヘ