あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

明けて8月16日、昨日全く釣りが出来なかった欲求不満と昨日のエサも余っていたので、
1人で6時から竿出ししました。

1投目から3連です。
DSCN0590

やはり2色から1色に変わる辺りで来ますが、昨日同様後が続きませんので、
移動を続けます。

近い距離にいるので、斜め投げで探りましたが、単発が多く、時折連で来ます。
DSCN0592

DSCN0593

DSCN0594

型は昨日と同様でピンはいなくて、中型中心です。

ちょっと油断すると、ガッチョやチャリコが混ざります。
DSCN0595

その後も同様な状況が続き。
DSCN0596

DSCN0597

DSCN0598

釣りをする時間は8時まで決めていましたので、8時前に下の画像の連が来て
終了としました。
DSCN0599

釣果は中型ばかりで、ジャスト20尾でした。

何か、全体的にキスも夏休みみたいな状況でした。

会社が夏期休暇になり、今年も長男夫婦と孫を連れて、14日から2泊3日で
城崎温泉へ出掛けました。

15日の朝は、宿から車で5分ほどの気比の浜でキス釣りです。

長男の直と孫の泰雅に釣りを任せて、私は2人の面倒を見てました。
DSCN0587

上の写真を撮影した後、デジカメがレンズエラーとの表示が出て撮影出来なくなり、
釣りしている画像のこれのみになりました。

キスは2色から1色に変わる辺りで当たって来ましたが、昨年のように同じ場所で
連続して釣れて来ず、数投すると移動しないといけないので、初心者の2人には、
少し面倒な状況でした。

6時~8時半頃まで釣りましたが、釣果はキス17尾とミニカンパチが1尾でした。

下の画像は、魚を捌く時に撮影したものです。

キスの型は、12~18cmぐらいの中型ばかりでマイクロピンはいませんでした。
DSCN0589


7月23日の潮を調べると16:00過ぎに満潮になるので、涼しくなる夕刻に
釣りをしようと思い、14:00に自宅を出発しました。

16時前に釣りに到着しましたが、いつものポイントには人が入っており、
少し下流側からスタートです。

1投目から4連スタートで幸先良しです。
DSCN0556

でもここからヒイラギの猛攻に会いました。
DSCN0557

写真のようなヒイラギが、2連、3連で掛かって来て、釣りになりません。

避けようとして早巻きたら、全然ダメです。

少し上流側に移動して、やっとキスが来ました。
DSCN0558

早巻きしているので、なかなか連掛けが出来ません。

でもサイズは、まぁまぁです。
DSCN0559

今回も2~1色を中心に攻めました。

そうこうしていると竿がひったくられ、26cmが中型と連で来ました。
DSCN0560

DSCN0561

でもまだヒイラギの猛攻は衰えません。
DSCN0562

ちょっと薄暗くなりかけた18:30過ぎからヒイラギが大人しくなり、キスのみが
釣れて来るようになりました。
DSCN0563

DSCN0564

DSCN0565

23cmも来ました。
DSCN0566

辺りが暗くなって来たので、この1尾を最後に納竿としました。
DSCN0567

釣果は20尾に1尾足りない19尾でした。
DSCN0568

夕刻からの慌ただしい釣りでしたが、型はまずまずでした。

次は、本格的な夜釣りで大物狙いと行きたいです。


近畿の南部は8日、9日と相当量の雨が降りましたが、日本海側は大して
降っていなかったようですので、由良川河口の状況も好転しているのではと思い、
10日に出撃しました。

6時半から開始しましたが、1投目からルアーマンにラインを引っ掛けられ、
ラインブレークです。                     

(高いPEラインを何すんねんです。)

ルアーマンが、フックに引っ掛かっていたラインをグチャグチャに回収してくれて、
その仕掛けに4尾キスが付いてました。
DSCN0526

スプールを交換して、気を取り直して、第2投。

サイズいまいちですが、2~4連で続きます。
DSCN0527

DSCN0529

DSCN0530

型のいいのを求めて、上流方向へ移動して行きます。

単発ですが、少し型が良くなりました。

全て2~1色で当たります。
DSCN0531

くまきちさんが竿出しされる当りで、1色で良型が当たって来ました。

22cmです。
DSCN0532

DSCN0533

次は23cmです。
DSCN0534

DSCN0535

もうすぐテーパラインの所で、このような型が来るので、最後まで気が抜けません。

いいのが当たらない場合でも、中型が来ます。
DSCN0536

竿を1m近く引き込み、24cmが来ました。
DSCN0537

DSCN0538

いつもは4色辺りですが、状況が変わってます。

今日は、潮が下げになっても好調が続きます。
DSCN0540

DSCN0541

DSCN0542

思いっ切り竿を引き込んで、本日の最長寸25.5cmです。
DSCN0543

DSCN0544

その後も良型交じりで釣り続けました。
DSCN0545

DSCN0546

DSCN0548

DSCN0549

カウンターも50を超えたので、捌くことを考え終了としました。

釣果はピン~25.5cmで58尾でした。
DSCN0551

今までと違い、2~1色で当たりましたが、1~2色でも所々に根があり、仕掛けや
針の消耗は、半端ありませんでしたが、久しぶりにいい釣りが出来ました。

先週はずっと梅雨空で雨も激しく降ったので、由良川周辺は濁りで釣りにならないと思い、
26日は鳴門の土佐泊浦へ出撃しました。

ここは日本海側と違い干満の差が大きいため、上げ潮時が中心の釣りになります。

26日は小潮で、満潮が10時半ごろなので、朝から上げ潮を釣れます。

7時前から釣り開始です。

1投目から型はイマイチですが、2連です。
DSCN0514

続いて4連が2回、ちょこっと爆ってます。
DSCN0515

写真には3尾ですが、撮影途中で下に落ちました。

3投でツ抜けです。
DSCN0516

次も4連です。
DSCN0517

最初は3色で当たってましたが、徐々にポイントが近くなり2色から1色に変わる辺りで、
当たります。
DSCN0518

今日は、根掛りがないので快適です。
DSCN0519

この場所でまだまだ釣れ続いていましたが、型の良いのが欲しくなり、少し鳴門大橋側へ
移動しました。

この移動が凶と出て、型のいいのも釣れず、釣れっぷりが悪くなりなました。

それでも釣れる時は、2連3連で来ます。
DSCN0521

DSCN0522

DSCN0523

カウンターが50を超えたので、捌くことを考慮して終了としました。

キープしたキスは52尾でした。

サイズは18cmが最大でした。
DSCN0524

もう少し型が良かったら文句なしやったのですが、贅沢は言ってられません。

これから夏にかけて型がいいのも釣れるようになるではないかと思ってますので、
これからも時折、鳴門へプチ遠征をしたいと思います。

↑このページのトップヘ