あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。


最近ちょっと疲れ気味で、釣行から帰って来てすぐ更新が出来ず、ちょっと
遅れ気味の公開です。

9月11日に天橋立へ出撃しました。

最初は、由良川周辺へ出撃するつもりでしたが、京都縦貫道を走ってて、
フィンガープロテクターを忘れたことに気付き、G輪堂は品切れで、結局宮津の
フィッシングN島でやっと購入出来たので、そのまま近くの天橋立にしました。

この日は、忘れ物をする日で、デジカメを車に忘れて釣り場に行ってしましたので、
釣果写真しかありませんので、お許し下さい。

天橋立は、小天橋の浜を先端まで釣り歩きましたが、ポイントが6~5色と遠いので、
ヘタレな私は、コンスタントにポイントに届かず、かなり苦労しました。

7時から12時まで釣りましたが、結果は15~21cmが12尾でした。
DSCN0632

常にフルスイングでしたので、かなり疲れました。

帰りに由良川河口(神崎側)に立ち寄りました。

毎年のことながら、この時期は高潮や雨の影響で砂洲の形状が大きく変わります。

今年も縦に伸びていた砂洲が途中で分断されており、先端付近まで行けませんでした。
DSCN0633

海も荒れており、数投しましたが、全くダメでした。

来週は天気も悪そうですし、どこに行こうか悩みます。


夏期休暇も後半になり、恒例の後輩のイッペイ、上ちゃんとの釣行に18日の
夜から由良川河口へ出撃しました。

昨年からイッペイは、九州で単身赴任、今年から上ちゃんは名古屋に赴任という
状況の中、集合してもらいました。

18日の深夜に神崎海水浴場に到着し、一杯やって就寝し、翌19日の朝から
釣り開始です。

いつもの河口の場所で、1投目から20cmで幸先良しです。
DSCN0600

DSCN0601

中型の単発で続きます。
DSCN0602

DSCN0603

すぐにヒイラギが目覚めて来ました。
DSCN0604

DSCN0605

ヒイラギの猛攻に遭うと思いましたが、意外と少なく、その後単発や連でぼつぼつ
釣れて来ます。
DSCN0607

DSCN0608

DSCN0609

早巻きで仕掛けを回収していたら金ビーズに反応したのかダツが来ました。
DSCN0613

この日は16日の夕刻から降った大雨の影響か、少し濁りあり、流木が多くて
仕掛けに絡んで来て、釣り辛い状況でした。

そこで流れがあまりなく、流木がない砂洲の東側で投げてみました。

単発ですが、川筋と同サイズが来ます。
DSCN0616

DSCN0617
流れのヨレに投げると25cmが連続で来ました。

これにはちょっとビックリでした。

DSCN0618

DSCN0619

DSCN0620

DSCN0621

このすぐ後に大きな当たりがあり、巻き上げている時のシルエットから超大型キスと
思いましたが、マルタでした。
DSCN0623

この場所で色々な方向に投げているとキスの溜まり場があり、4連、2連と続きます。
DSCN0626

DSCN0625

DSCN0627

この時点で時間も昼前になっていたので、納竿することにしました。

釣果はピン~25cmの39尾でした。

後輩の釣果写真はありませんが、両名共に20cm以上を2~3尾含んで
20尾前後でした。

今回は、気の合った仲間との本当に楽しい釣行でした。
DSCN0630


明けて8月16日、昨日全く釣りが出来なかった欲求不満と昨日のエサも余っていたので、
1人で6時から竿出ししました。

1投目から3連です。
DSCN0590

やはり2色から1色に変わる辺りで来ますが、昨日同様後が続きませんので、
移動を続けます。

近い距離にいるので、斜め投げで探りましたが、単発が多く、時折連で来ます。
DSCN0592

DSCN0593

DSCN0594

型は昨日と同様でピンはいなくて、中型中心です。

ちょっと油断すると、ガッチョやチャリコが混ざります。
DSCN0595

その後も同様な状況が続き。
DSCN0596

DSCN0597

DSCN0598

釣りをする時間は8時まで決めていましたので、8時前に下の画像の連が来て
終了としました。
DSCN0599

釣果は中型ばかりで、ジャスト20尾でした。

何か、全体的にキスも夏休みみたいな状況でした。

会社が夏期休暇になり、今年も長男夫婦と孫を連れて、14日から2泊3日で
城崎温泉へ出掛けました。

15日の朝は、宿から車で5分ほどの気比の浜でキス釣りです。

長男の直と孫の泰雅に釣りを任せて、私は2人の面倒を見てました。
DSCN0587

上の写真を撮影した後、デジカメがレンズエラーとの表示が出て撮影出来なくなり、
釣りしている画像のこれのみになりました。

キスは2色から1色に変わる辺りで当たって来ましたが、昨年のように同じ場所で
連続して釣れて来ず、数投すると移動しないといけないので、初心者の2人には、
少し面倒な状況でした。

6時~8時半頃まで釣りましたが、釣果はキス17尾とミニカンパチが1尾でした。

下の画像は、魚を捌く時に撮影したものです。

キスの型は、12~18cmぐらいの中型ばかりでマイクロピンはいませんでした。
DSCN0589


7月23日の潮を調べると16:00過ぎに満潮になるので、涼しくなる夕刻に
釣りをしようと思い、14:00に自宅を出発しました。

16時前に釣りに到着しましたが、いつものポイントには人が入っており、
少し下流側からスタートです。

1投目から4連スタートで幸先良しです。
DSCN0556

でもここからヒイラギの猛攻に会いました。
DSCN0557

写真のようなヒイラギが、2連、3連で掛かって来て、釣りになりません。

避けようとして早巻きたら、全然ダメです。

少し上流側に移動して、やっとキスが来ました。
DSCN0558

早巻きしているので、なかなか連掛けが出来ません。

でもサイズは、まぁまぁです。
DSCN0559

今回も2~1色を中心に攻めました。

そうこうしていると竿がひったくられ、26cmが中型と連で来ました。
DSCN0560

DSCN0561

でもまだヒイラギの猛攻は衰えません。
DSCN0562

ちょっと薄暗くなりかけた18:30過ぎからヒイラギが大人しくなり、キスのみが
釣れて来るようになりました。
DSCN0563

DSCN0564

DSCN0565

23cmも来ました。
DSCN0566

辺りが暗くなって来たので、この1尾を最後に納竿としました。
DSCN0567

釣果は20尾に1尾足りない19尾でした。
DSCN0568

夕刻からの慌ただしい釣りでしたが、型はまずまずでした。

次は、本格的な夜釣りで大物狙いと行きたいです。

↑このページのトップヘ