あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

昨日(8月29日)に3度目の由良川河口(神崎側)へ釣行しました。

今回は会社の後輩3名(イッペイ、タケチャン、ウエチャン)と一緒です。

イッペイとウエチャンは前回の7月18日も一緒でしたが、タケチャンは今シーズン初めての同行です。

タケチャンは、本来バス釣り師で、私と釣行するキス釣りの時だけ、投げ釣り師に変身します。

後輩と一緒に釣行する時は、あまり遠投しないでも確実に釣れる由良川河口の神崎側と決めています。

8月28日の夜10時に長岡京を出発し、翌日の午前12時30分に神崎海水浴場の駐車場に到着し、後輩と釣行する時の恒例に

なっている海岸での飲み会を行い、午前2時頃に就寝しました。

朝5時に起床し、腹ごしらえをした後、河口の駐車スペースに車を移動させ、後輩3人分の釣り道具を準備して、午前6時半から

釣りを開始しました。

私事なんですが、現在我が家は、嫁と2人だけなので、あまり釣り過ぎても食べる家族がいないので、40尾釣れたらやめると

最初から決めていました。

今回は、夜に少し雨が降りましたが、海況も悪くなかったので、楽勝で40尾釣れると思っていましたが、結果的にはかなり苦労を

強いられる釣りとなりました。

いつものように河口の一番狭くなっている場所から海側へ第一投した所、連掛けでから揚げサイズが釣れ、これは調子がいいぞと

思いましたが、後が続きません。

河口周辺で何度か場所を変わりましたが、釣れるのはポツリポツリで非常に活性が低く、連掛けが出来ません。

海側の方の釣り師に目をやると投げる度に3連以上釣れているようなので、海側へ場所替わりしました。

海側は活性が高く、投げる度に連掛け以上でしたが、型が小さいので、3投してまた河口側へ場所替わりして、少しでも型の

いいのが釣れる場所を探りました。

昼前にまた海側へ場所替わりした所、4色付近で型のいいのが当たり始めたので、これはいけると思ったのですが、数投した所で、

急に雨が降り(雨はすぐやみましたが)、強風が吹き始め、波も高くなったので、再び河口側へ場所替わりしざるを得ない状況に

なりました。

結局午後2時前に当たりが無くなり、風雨が強くなり、寒くなって来たので、釣りを終了しました。

 

Yura31私の釣果です。

カウンターは39尾でしたが、実際に数えると

ジャスト40尾で何とか目標達成しました。

アジ2尾はオマケです。

型のいいがもう少し多かったら良かったの

ですが・・・

 

 

 

 

 

Yura32タケチャンの釣果です。

キス31尾、アジ1尾です。

20cm級も数尾います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Yura33イッペイの釣果です。

型がいいのを中心に15尾です。

本人曰く、型狙いで、河口を中心に攻めた

とのことです。

 

 

 

 

 

 

 

Yura34 ウエチャンの釣果です。

キス11尾、アジ3尾です。

条件の悪い中、初心者にしては、頑張ったと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

全体的に見れば、川~河口側では、そこそこの型が釣れるが数は出ない、海側は数が釣れるが、型が小さいという状況でした。

次回は、私の一番好きな釣り場である天橋立の大天橋へ釣行するつもりです。

情報によれば、大型が数釣れているみたいで混み合わなければいいのですが・・・

 

会社が8月8日~16日までの夏期休暇に入りました。

13日からの後半は私用があり釣りに行けませんので、休みの前半で2回釣行したかったのですが、台風9号のおかげで、やっと昨日(12日)釣行出来ました。

場所を何処にしようか悩んだのですが、由良川からの濁りの影響を気にしつつ、7月19日にバコバコを経験した由良川河口(神崎側)に決めました。

5時前に家を出発し、途中石ゴカイと朝食を買って、由良川沿いの道路から川を見ればかなり濁っていたので、

「場所選びを失敗したなぁ・・」と一人つぶやいていました。

7時半に河口の一番狭まった所から海側へ向けて1投目を投げましたが、全く生体反応なしでした。

川の濁りが海までかなり入っており、全く釣れる気がしないので、1投で諦めて海側の濁りの少しましな所へ移動しました。

移動後、20cm級の良型混じりでポツリポツリ釣れましたが、午前9時頃アタリが全く無くなったので、場所替わりすることに

しました。

Nastu1  

 

結局7時半から9時の約1時間半で、

ピン~20cm級が9尾でした。

 

 

 

 

 

 

次の場所は、宮津湾なら濁りが少ないだろうと思い、海水浴客を気にしなくてもいい、西宮津公園に決めました。

10時頃から移動すると宮津市内で海水浴渋滞が少しあり、舞鶴から宮津の移動に約1時間掛かりました。

11時頃西宮津公園に到着しましたが、ここでも海水は濁っており、湾奥でもあるので、木切れ等のゴミが浮かんでおり、

非常に釣りにくい状態でした。

Natsu2_2  

それでも1投目から2色で20cm級が

掛かりましたが、それ以降はポツリポツリの

状態が続きます。

 

 

 

  

 

  

場所替えも考えましたが、今日は何処に行っても同じような状況やろうと思い、西宮津公園で粘ることにしました。

14時頃より少し海水も澄んで来て、17時少し前から連掛けも出るようになり、これからと思っていたら、目の前で漁船が

網入れを始め、アタリが全くなくなりました。

Natsu3_2  

結局11時から17時でピン~20cm級が

20尾でした。

 

 

 

 

 

 

 

台風の大雨後の非常に悪条件下で、納得の行く釣りが出来ませんでしたが、今度は条件のいい時にリベンジするぞと心で叫ながら

帰路に着きました。

 

昨日(7月18日)に由良川河口(神崎側)へ釣行しました。

1人での釣行がほとんどですが、この日は後輩のイッペイとウエチャンが一緒です。

イッペイは投げ釣り5回目ぐらいですが、ウエチャンは投げ釣り初めての初心者です。

17日は午後10時に長岡京をスタートして、丹後神崎海水浴場に午前12時半に到着し、海岸でビールと芋焼酎でささやかな飲み会を行い、午前2時に就寝しました。

朝5時過ぎに目覚めて腹ごしらえをして、由良川河口付近のスペースに駐車し、後輩2人の仕掛けの準備をして、ウエチャンに投げ方指導をした後、6時から釣りスタートです。

Kanazaki1_2  

 

 

前日までの雨の影響が気になりますが、まずは、河口の砂洲から上流の

北近畿タンゴ鉄道の鉄橋を向って投げ始めました。

この場所は、私自身の一番の実績場で、初心者がいるので、確実の釣れる所と思い、由良川河口を選択しました。

   

          

 

最初に投げ始めた場所では、当たりが全く無く不安が頭をよぎります。

少し場所を右に移動した所、ポツリポツリと当たりますが、数が稼げません。

更に少し右へ移動しますが、同じような状況で全く話になりません。

10尾釣った所でパラセーリングをしている人が目の前を横切るようになり、危なくなったとのハゼしか当たらなくなったので、

河口の一番狭くなっている場所へ大きく移動しました。(時間は午前9時半でした。)

Kanzaki2_3

 

 

 

ここも私にとっての実績場です。

河口の一番狭くなっている場所から栗田半島に向かって海側へ投げます。

この移動が功を奏しました。

 

 

  

 

移動して、第1投を6色付近(この日は強い追い風で実力以上に飛びました。)に落としましたが、4色から3色に変わろうとする辺りのかけ上がりで、当たりが連発し、まあまあの型が4連で掛かりました。

2投目も4連、3投目は5連パーフェクトとです。

しかも高速で巻かないと仕掛けがキスバナナ状態になります。

私は、手返しが早くないですが、それなりの腕の人が釣れば楽に束釣り出来るような状況です。

Kanzaki3  

 

 

 

後輩2人は2~3色辺りで2連、3連と好調に釣れています。

 

 

 

 

 

まだまだ釣れていましたが、あまり数を釣っても料理が大変ですので、午後1時半で終了しました。

それぞれの釣果は下記写真のような状況でした。

Kanzaki4

 

 

 

私がキス68尾でした。

ピンは少しいましたが、ほとんどが15~18cm級でした。

 

 

 

 

 

Kanzaki5  

 

 

イッペイが46尾でした。

型のいいアジも4尾います。

 

 

 

 

 

Kanzaki6  

 

 

ウエチャンが20cm級を2尾交え28尾でした。

 

 

 

 

 

 

3連休の天気は18日以外芳しくないようですが、天気が回復し照り込みが続けば、キスは真水の流れ込む場所に集まりますので、

梅雨が明ければますます狙い目になると思います。

 

 

今日(27日)は、朝4時30分に家を出発し、栗田へ釣行しました。

途中で石ゴカイと運転しながら食べる朝食を購入し、国道175号の高架下のスペースに車を止めて、大雲川河口まで歩き、7時から釣りを開始しました。

Kunda1_2  

 

                                 

浜にテトラが入る前は、この時期良くここに来ましたが、テトラが入ってからは、初めての釣行です。

  

 

 

 

 

いつものように3色のハリス各2本の6本針で、4色付近に投入し、3色で当たりがあり、しばらくサビいいて巻き上げるとピン2尾と15cm級の3連で、出足は好調でしたが、ここからが不運の始まりでした。

2投目、当たりがなく、2色までサビくとシモリに仕掛けを取られ、テーパラインから高切れさせてしましました。

気を取り直し、仕掛けを再セットして3投目、やはり当たりがなく、そろそろ巻き上げないとシモリに取られると思った途端、強烈な当たりがあり、もう少しサビくとまた当たりがあり、これで巻き上げ開始しましたが、再度シモリに仕掛けを取られ、またまた高切れ、トホホ・・・

何と3投で2回も高いPEのテーパが取られました。(泣)

それでもいや釣れるんだと再度気を取り直し、隣のテトラの間から4投目、ピンばかり5連、飲み込まれた2尾のみキープし、後はリリースしました。

その後も投げる度に3~5連が続きましたが、ピンばかりで全く話にならないので、2時間程で切り上げ、場所替えすることにしました。

Kunda2_2

 

 

  

結局キープしたキスは24尾でした。

リリースしたものを含めると40尾程度釣れたと思います。  

 

 

  

 

 

 

2回の高切れでテーパの予備がなくなったので、途中テーパラインを購入し、どこへ行こうか迷った末に由良へ行くことにしました。 

 

由良到着10時半、11時から釣りを開始しました。

Yura1_3

 

 

由良川河口付近のマリーナ裏からスタートしました。

 

 

 

 

  

 

 

 

ここでもやはりピンが多かったのですが、栗田ほど活性は高くなく、それでもそこそこの型を交えながら2~3連で退屈しない程度に釣れます。

Yura2_3

14時に終了しましたが、キープしたキスは31尾でした。

テトラの中抜きよりテトラの内側の方が良かったと思います。

イエローハリスが当たりでした。

心持ち、栗田より型がいいと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

釣れたキスは本日半分を唐揚げで食べ、残りの半分は明日南蛮漬けで食べます。

最後に釣り場で、向日市から来られてる方にピンばかりで当たりが取りにくいと話をしたら、投げ釣り北近畿仕様の「砂紋バスター」を頂きました。

Img_00051_2

 

 

本当にありがとうございました。

半遊動とオモリの浮力でピンの当たりも取れ、非常に軽くサビけます。

 

 

 

 

 

 

機会があれば、私も手作りしてみようかなぁ・・・

7月1日に異動で部署が変わるので、この所送別会続きで少し飲み過ぎ気味です。

飲み過ぎの身体に喝を入れるために明日は、砂浜で思い切りフルキャストして来ます。(あまり飛びませんが・・・)

栗田辺りに出撃しようかなぁ・・・

↑このページのトップヘ