あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

9月は、息子の結婚式があり、1回しか釣行出来ませんでした。

そんな中、一生ものの竿とリールと思い、スピンパワー405BXとキススぺMgを購入することにしました。

青スプールも同時に購入したので、浜松の篭定釣具店さんに全ての商品を注文しました。

10月3日には、商品が届く予定です。

トータルで十数万円の出費です。毎週ロト6を買い、高額賞金が当たったらいい竿を買うぞと思っていたのですが、いつになっても高額賞金が当たらないので、積立預金の一部を使い今回の購入資金に充てました。

今から新しい竿を振るのが楽しみです。

新しい竿とリールの釣行記は、後日報告させて頂きます。

それでは・・・

昨日(9月5日)、天橋立 大天橋へ釣行しました。

天橋立 大天橋は、私の一番好きな釣り場で、ここ5年ぐらいキスシーズン最初の釣行と海水浴シーズンが終わった9月最初の

釣行は、必ずここと来ています。

天橋立 大天橋は、3~4色付近にアマモ帯があり、アマモ帯の向こうに投げれば、良型が揃う釣り場です。

また、天橋立周辺で最近25cm以上の大型が数釣れているとの情報もあり、期待しての釣行でした。

朝4時に家を出発し、6時に智恩寺の駐車場に到着し、大天橋に向かいましたが、大天橋に架かる橋から小天橋を見ると大型が

釣れているとの情報からか、ここにしては多くの投げ釣り師がいました。

6時半から今日も40尾目標に釣りを開始しましたが、非常に苦労した釣行となりました。

 

2009_09_05114時まで釣り、25尾でした。

大天橋では、非常に渋く

昼から小天橋に人が少なくなったので、

小天橋の端まで移動しながら釣りましたが、

大天橋より少しましな状況でした。

小天橋の端が一番活性が高く2色付近で

連掛けが多くありました。

小天橋は網が入っており、その影響が大きかったようです。

 

 

 

2009_09_053当たりがあった時は、大型のキスと

思いましたが、小型のホウボウでした。

大型は刺身に最高ですが、小型なので

リリースしました。

 

 

 

 

 

 

 

2009_09_054 これも当たりがあった時は、期待しましたが、

青ベラでガッカリでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

天橋立の後、40尾目指して由良海岸へ移動し、15時半より釣りを始めました。

ここでは、向い風で波が高く、波がテトラを越えていました。

投げる度に黒い藻が仕掛けに絡み、どこに移動しても同じような状況で全く釣れません。

2009_09_052暗くなりかけた18時頃に河口近くの

マリーナ裏に藻が絡まない場所を見つけ

暗くなるまでの数十分で12尾追加しました。

目標の40尾には3尾足りませんでした。

ここでは、各魚の活性が高く、セイゴ、

チャリコ、ガッチョとキスに混じり釣れました。

 

 

 

 

この所、苦戦続きなので、次こそはスカッーと納得できる釣りがしたいと思いながら帰路に着きました。

昨日(8月29日)に3度目の由良川河口(神崎側)へ釣行しました。

今回は会社の後輩3名(イッペイ、タケチャン、ウエチャン)と一緒です。

イッペイとウエチャンは前回の7月18日も一緒でしたが、タケチャンは今シーズン初めての同行です。

タケチャンは、本来バス釣り師で、私と釣行するキス釣りの時だけ、投げ釣り師に変身します。

後輩と一緒に釣行する時は、あまり遠投しないでも確実に釣れる由良川河口の神崎側と決めています。

8月28日の夜10時に長岡京を出発し、翌日の午前12時30分に神崎海水浴場の駐車場に到着し、後輩と釣行する時の恒例に

なっている海岸での飲み会を行い、午前2時頃に就寝しました。

朝5時に起床し、腹ごしらえをした後、河口の駐車スペースに車を移動させ、後輩3人分の釣り道具を準備して、午前6時半から

釣りを開始しました。

私事なんですが、現在我が家は、嫁と2人だけなので、あまり釣り過ぎても食べる家族がいないので、40尾釣れたらやめると

最初から決めていました。

今回は、夜に少し雨が降りましたが、海況も悪くなかったので、楽勝で40尾釣れると思っていましたが、結果的にはかなり苦労を

強いられる釣りとなりました。

いつものように河口の一番狭くなっている場所から海側へ第一投した所、連掛けでから揚げサイズが釣れ、これは調子がいいぞと

思いましたが、後が続きません。

河口周辺で何度か場所を変わりましたが、釣れるのはポツリポツリで非常に活性が低く、連掛けが出来ません。

海側の方の釣り師に目をやると投げる度に3連以上釣れているようなので、海側へ場所替わりしました。

海側は活性が高く、投げる度に連掛け以上でしたが、型が小さいので、3投してまた河口側へ場所替わりして、少しでも型の

いいのが釣れる場所を探りました。

昼前にまた海側へ場所替わりした所、4色付近で型のいいのが当たり始めたので、これはいけると思ったのですが、数投した所で、

急に雨が降り(雨はすぐやみましたが)、強風が吹き始め、波も高くなったので、再び河口側へ場所替わりしざるを得ない状況に

なりました。

結局午後2時前に当たりが無くなり、風雨が強くなり、寒くなって来たので、釣りを終了しました。

 

Yura31私の釣果です。

カウンターは39尾でしたが、実際に数えると

ジャスト40尾で何とか目標達成しました。

アジ2尾はオマケです。

型のいいがもう少し多かったら良かったの

ですが・・・

 

 

 

 

 

Yura32タケチャンの釣果です。

キス31尾、アジ1尾です。

20cm級も数尾います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Yura33イッペイの釣果です。

型がいいのを中心に15尾です。

本人曰く、型狙いで、河口を中心に攻めた

とのことです。

 

 

 

 

 

 

 

Yura34 ウエチャンの釣果です。

キス11尾、アジ3尾です。

条件の悪い中、初心者にしては、頑張ったと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

全体的に見れば、川~河口側では、そこそこの型が釣れるが数は出ない、海側は数が釣れるが、型が小さいという状況でした。

次回は、私の一番好きな釣り場である天橋立の大天橋へ釣行するつもりです。

情報によれば、大型が数釣れているみたいで混み合わなければいいのですが・・・

 

会社が8月8日~16日までの夏期休暇に入りました。

13日からの後半は私用があり釣りに行けませんので、休みの前半で2回釣行したかったのですが、台風9号のおかげで、やっと昨日(12日)釣行出来ました。

場所を何処にしようか悩んだのですが、由良川からの濁りの影響を気にしつつ、7月19日にバコバコを経験した由良川河口(神崎側)に決めました。

5時前に家を出発し、途中石ゴカイと朝食を買って、由良川沿いの道路から川を見ればかなり濁っていたので、

「場所選びを失敗したなぁ・・」と一人つぶやいていました。

7時半に河口の一番狭まった所から海側へ向けて1投目を投げましたが、全く生体反応なしでした。

川の濁りが海までかなり入っており、全く釣れる気がしないので、1投で諦めて海側の濁りの少しましな所へ移動しました。

移動後、20cm級の良型混じりでポツリポツリ釣れましたが、午前9時頃アタリが全く無くなったので、場所替わりすることに

しました。

Nastu1  

 

結局7時半から9時の約1時間半で、

ピン~20cm級が9尾でした。

 

 

 

 

 

 

次の場所は、宮津湾なら濁りが少ないだろうと思い、海水浴客を気にしなくてもいい、西宮津公園に決めました。

10時頃から移動すると宮津市内で海水浴渋滞が少しあり、舞鶴から宮津の移動に約1時間掛かりました。

11時頃西宮津公園に到着しましたが、ここでも海水は濁っており、湾奥でもあるので、木切れ等のゴミが浮かんでおり、

非常に釣りにくい状態でした。

Natsu2_2  

それでも1投目から2色で20cm級が

掛かりましたが、それ以降はポツリポツリの

状態が続きます。

 

 

 

  

 

  

場所替えも考えましたが、今日は何処に行っても同じような状況やろうと思い、西宮津公園で粘ることにしました。

14時頃より少し海水も澄んで来て、17時少し前から連掛けも出るようになり、これからと思っていたら、目の前で漁船が

網入れを始め、アタリが全くなくなりました。

Natsu3_2  

結局11時から17時でピン~20cm級が

20尾でした。

 

 

 

 

 

 

 

台風の大雨後の非常に悪条件下で、納得の行く釣りが出来ませんでしたが、今度は条件のいい時にリベンジするぞと心で叫ながら

帰路に着きました。

 

昨日(7月18日)に由良川河口(神崎側)へ釣行しました。

1人での釣行がほとんどですが、この日は後輩のイッペイとウエチャンが一緒です。

イッペイは投げ釣り5回目ぐらいですが、ウエチャンは投げ釣り初めての初心者です。

17日は午後10時に長岡京をスタートして、丹後神崎海水浴場に午前12時半に到着し、海岸でビールと芋焼酎でささやかな飲み会を行い、午前2時に就寝しました。

朝5時過ぎに目覚めて腹ごしらえをして、由良川河口付近のスペースに駐車し、後輩2人の仕掛けの準備をして、ウエチャンに投げ方指導をした後、6時から釣りスタートです。

Kanazaki1_2  

 

 

前日までの雨の影響が気になりますが、まずは、河口の砂洲から上流の

北近畿タンゴ鉄道の鉄橋を向って投げ始めました。

この場所は、私自身の一番の実績場で、初心者がいるので、確実の釣れる所と思い、由良川河口を選択しました。

   

          

 

最初に投げ始めた場所では、当たりが全く無く不安が頭をよぎります。

少し場所を右に移動した所、ポツリポツリと当たりますが、数が稼げません。

更に少し右へ移動しますが、同じような状況で全く話になりません。

10尾釣った所でパラセーリングをしている人が目の前を横切るようになり、危なくなったとのハゼしか当たらなくなったので、

河口の一番狭くなっている場所へ大きく移動しました。(時間は午前9時半でした。)

Kanzaki2_3

 

 

 

ここも私にとっての実績場です。

河口の一番狭くなっている場所から栗田半島に向かって海側へ投げます。

この移動が功を奏しました。

 

 

  

 

移動して、第1投を6色付近(この日は強い追い風で実力以上に飛びました。)に落としましたが、4色から3色に変わろうとする辺りのかけ上がりで、当たりが連発し、まあまあの型が4連で掛かりました。

2投目も4連、3投目は5連パーフェクトとです。

しかも高速で巻かないと仕掛けがキスバナナ状態になります。

私は、手返しが早くないですが、それなりの腕の人が釣れば楽に束釣り出来るような状況です。

Kanzaki3  

 

 

 

後輩2人は2~3色辺りで2連、3連と好調に釣れています。

 

 

 

 

 

まだまだ釣れていましたが、あまり数を釣っても料理が大変ですので、午後1時半で終了しました。

それぞれの釣果は下記写真のような状況でした。

Kanzaki4

 

 

 

私がキス68尾でした。

ピンは少しいましたが、ほとんどが15~18cm級でした。

 

 

 

 

 

Kanzaki5  

 

 

イッペイが46尾でした。

型のいいアジも4尾います。

 

 

 

 

 

Kanzaki6  

 

 

ウエチャンが20cm級を2尾交え28尾でした。

 

 

 

 

 

 

3連休の天気は18日以外芳しくないようですが、天気が回復し照り込みが続けば、キスは真水の流れ込む場所に集まりますので、

梅雨が明ければますます狙い目になると思います。

 

 

↑このページのトップヘ