あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

11月3日は祝日なので会社は出勤日やったのですが、休みを取って
東二見へカレイ狙いで出撃しました。
エサのマムシが切れるまで釣ろうと思い、須摩で2000円分購入して、
東二見に到着したのは、6時半を少し回った頃でした。
いつもながら波止にはたくさんの人がいましたが、昨年釣れたポイントに
陣取ることが出来、無事に3本の竿を準備し終えました。
DSCN0891
いつもながらエサ取りが多く、マムシが瞬殺でなくなります。
この日は満潮が9時30分頃なので、潮止まり前後が時合かなぁと思い、
最初はのんびり気味でエサ替えしてました。
8時半を過ぎた頃から潮が緩み出したので、時合が近いと思い、頻繁に
エサ替えをし、キャストを繰り返しました。
9時過ぎに近投で攻めていた竿を少し煽って誘い掛けたら、オモリ着底するや
いなや手元に当りが伝わって来たので、反射的に合わせを入れたら、かなりの
重厚感のある魚の引きが伝わって来ます。
底へ行こうとする締め込みもきつかったので、良型のカレイと確信してリールを
巻き続け、水面に姿を現したのは、今まで見たことのない大きさのカレイでした。
3mぐらいの高さの波止をハリス3号で抜き上げられるか不安でしたが、恐る恐る
抜き上げたのは、ジャスト42cmの肉厚たっぷりの座布団級カレイでした。
DSCN0892
波止に上げたとたんにハリスが切れたので、ほんまにラッキーでした。
人生初の40cm級カレイです。
時合到来と思い、更に頻繁にエサ替えをし、キャストを続けましたが、
後が続きません。
11時半頃に周りのキャスターにバタバタとカレイが釣れ始め、4色から
3色に替わる辺りを攻めていた私の竿にも当りがあり、30cmを少し
切れた29cm肉厚充分のカレイが来ました。
DSCN0893
複数枚のカレイを釣るのは久し振りです。
もう1枚30cm級のカレイを追加と思い、キャストを続けましたが、
飲み込まれてキープしたチャリコのみで、エサが切れた12時半に納竿と
しました。
DSCN0894
釣果はカレイ2尾、チャリコ1尾でした。
DSCN0895
何か、カレイ釣りの全ての運を使い果たしたような釣りになりましたので、
この先〇ボが続かないように祈るのみです。
さすがにこの大きさのカレイは食べ応えがあり、嫁さんと2人の食卓では
充分過ぎて、食べ切れませんでした。
42cmの表側の刺身です。
DSCN0897
裏側、骨、皮の唐揚げです。
DSCN0899
29cmは煮付けにしました。
DSCN0898
美味しかったです。

10月14日は、曇りか小雨模様の予報でしたので、落ちギスを
求めて高浜へ出撃しました。
ちょっと遅めに家を出ましたので、7時半頃から釣り開始ですが、
投げても投げても当りなしです。
駐車場のおっちゃんが話しかけて来て、先週は良かったけど、
昨日は凄いシケてたので、今日はアカンとのことです。
周りのキャスターも誰一人として、釣ってません。
浜を移動しながら9時半まで釣りましたが、生体反応なしでした。
次の場所を何処にしようか考えましたが、なかなか思いつかず、
ホームグランドの由良川河口に移動することにしました。
由良川河口での一投目は、ピンのダブルでリリースです。
DSCN0878
次もピンでその次はミニヘダイです。
DSCN0879

DSCN0880
生体反応があるも、リリースサイズばかりです。
数投目にやっとキープサイズが来ましたが、ピンや外道も針に付いてます。
DSCN0881
その後ピンばかりです。
DSCN0884

DSCN0885
1時間半ほど釣りましたが、諦めて帰ることにしました。
キープサイズのキスは3尾のみでした。
DSCN0886
毎年のことながら、気まぐれな落ちギスは、私に微笑んでくれませんでした。
またまた釣れないパターンが多くなると思いますが、来週からはカレイ狙いです。
カレイ狙ってて、落ちギスが入れ食いなんてことがあったらいいんですが・・・

9月の半ばから私用があったり、孫の運動会があったりで海に
出てませんでした。
3週間ぶりの10月8日に出撃しました。
くまぞうさんから情報をもらっている高浜にしようか悩みましたが、
結局由良海岸にしました。
結果は全くダメでした。
前日までの雨の影響でゴミも多く、当りも全くでした。
ポイント選びの難しさを実感しました。
釣れたまともな魚は、30cmに満たないマゴチのみでした。
DSCN0877

ほんまに情けない結果でした。

9月10日は、鳴門へ出撃しました。
前日、知り合いとの飲み会があった影響で、少し遅めの5時に
スタートし、7時半ごろに釣り場に到着しました。
満潮が9時過ぎですので、いつものように上げ潮狙いですが、
今日は最初から素針が続きます。
場所を移動しつつ、5、6投目にやっと15cmクラスが
来ました。
フィッシュイターに噛まれてます。
DSCN0865
続けて同サイズです。
DSCN0866
ここでは、これで当りが止まり、また移動です。
次の場所では、1色の半ばからテーパの結び目までの近距離で15cm
クラスが続きました。
DSCN0867

DSCN0868
近くで、このサイズですので、当りは強烈です。
DSCN0869

DSCN0870
ここでもフィッシュイターに噛まれたものが釣れた後に当りが止まり、
またまた移動です。
DSCN0871

DSCN0872
移動後、潮が下げにはいったためか、リリースサイズのピンしか釣れなく
なりました。
しばらく移動を続け、元の場所に戻ると、またまた1色で当たりましたが、
この一発のみでした。
DSCN0873
さらに移動を続け、竜宮の磯の右側で3色から2色に変わる辺りで、単発ですが、
当たって来ました。
DSCN0874

DSCN0875
ここで5尾追加し、カウンターも20を超えて、時間も12時を過ぎて疲れ来たので、
終了としました。
釣果は、13~16cmが21尾でした。
DSCN0876
今回は、もう少し楽に数が釣れると思いましたが、かなり苦戦した釣行と
なりました。

先週の金曜日にNetの天気予報を見てると、台風の影響で海上の
風速が10m/s程度になるようだったので、釣行するのを諦めて
道具いじりをすることにしました。
まずはリールのベアリングとギヤにグリース給脂です。
ラインローラのベアリングへの給脂です。
DSCN0861
次はハンドルのベアリングです。
DSCN0862
ギヤへも本体を開けて給脂しました。
DSCN0863
前々から自作しよう思っていた、発砲オモリも初めて製作しました。
まずナイフの刃先をオモリとキャップの継ぎ目に沿わせて、オモリを
回転させます。
DSCN0847
オモリを回転させていると、継ぎ目にスキマが出来て、オモリとキャップが
分離出来ます。
DSCN0848

DSCN0849
ウキ用の発泡材をカットし、オモリを挿入する部分をテーパーリーマで
穴を開けます。
DSCN0852

DSCN0853


DSCN0854
オモリに接着剤を塗布し、発泡材を挿入します。
DSCN0856
オモリと反対側の発泡材を削り、接着剤を塗付して、キャップを挿入します。
DSCN0857

DSCN0858
キャップ上部の針金にリングを作り、完成です。
DSCN0859
意外と簡単に製作出来たので、オモリの号数と長さを変え、数種類を
製作してみました。
DSCN0864
釣りに行かなくても、道具をいじりで、非常に楽しく過ごせました。
天気は良かったので、皆さんは釣行されたんですかね?

↑このページのトップヘ