あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

8月24日、由良川の宮津側へ出撃しました。
少し遅めの7時より竿出しです。
1投目、2投目単発で来ます。
DSCN1279

DSCN1280
この日は、風があり川面は涼しく、快適です。
ヒイラギが多く、必ずと言っていいほど、オマケにヒイラギが付いてきます。
DSCN1281

DSCN1282
キスのサイズはピンは釣れて来ず、ほとんどが15cm以上です。
早巻きでヒイラギを避けます。
DSCN1283

DSCN1284

DSCN1285

DSCN1286
油断するとヒイラギだらけになります。
DSCN1301
目の前にいい潮目が出来ると2連、3連と続きます。
DSCN1289

DSCN1290
今日のアベレージサイズです。
DSCN1291
最長寸は21cmでした。
DSCN1306
潮目が消えるとヒイラギとキスになります。
DSCN1287

DSCN1297

DSCN1298
キス、ハゼ、ヒイラギもありました。
DSCN1307
やはり潮目が出来ると、続きます。
DSCN1303

DSCN1304

DSCN1308
エサ切れの昼過ぎまで釣り、53尾の釣果でした。
DSCN1310
ヒイラギの猛攻に遭いましたが、今シーズン1番の釣果となりました。
久し振りに釣行後の料理が大変でした。



10日から始まった夏季休暇も、今日18日で終わりとなります。
この休暇期間の釣りをまとめて報告します。
8月13日から毎年恒例の長男一家との城崎温泉旅行で14日の
朝から気比の浜で竿出ししました。
DSCN1261
台風10号の影響で少しうねりが入っておりましたが、6時から2時間の
釣りで、18尾の釣果でした。
DSCN1263
8月17日に会社の後輩2人と由良川河口へ出撃しました。
河口付近はキスが薄く、27cmも釣れましたが、あまり釣れません。
DSCN1264
あまり釣れないので、対岸の宮津側の河口に場所替りしました。
DSCN1269
ここでも状況は同じで、パラパラしか釣れません。
DSCN1265

DSCN1266
12時を回ってから少し上流側に場所替りすると、キスの濃い場所があり、
素針なく釣れてきます。
DSCN1270

DSCN1271

DSCN1272

DSCN1273
エサ切れまで釣りましたが、釣果はジャスト20尾でした。
DSCN1278
今後も暑い日が続きそうですが、皆さんも熱中症に気をつけて、釣行に
励んで下さいね。






ここの所、由良川河口ばかりに出撃しましたが、
根掛りのほとんどないサーフで釣りがしたくなり
鳴門の土佐泊へ8月3日に出撃しました。
DSCN1247
6時半から釣り開始で、満潮が8時半頃なので、上げ潮でいい感じ
でしたが、当りが渋くイマイチです。
型も空揚げサイズが中心です。
DSCN1248

DSCN1249
キスは2色以内にいるのですが、小型のフグのエサ取りも多く、思うように
釣れません。
パターンが合えば、2連、3連で来るのですが、続きません。
DSCN1250

DSCN1253

DSCN1255
最長寸は20cmでした。
DSCN1256
涼しいうちにサクッと釣って帰りたかったのですが、炎天下の中
11時半でやっとカウンターが20を超えたので、納竿としました。
ピン~20cmが21尾でした。
DSCN1260
暑過ぎて、ほんまに疲れました。


先週と先々週は、天候の悪かったとの私用もあり、お休み
しました。
2週間ぶりの釣行です。
相変わらず、由良川河口です。
DSCN1233
梅雨明け後の夏空が広がる中でのスタートですが、いつもの距離にキスが
いません。
8投して、やっと1尾です。
DSCN1234
なかなか釣れないので、移動の繰り返しです。
DSCN1235
移動を繰り返していると、2色辺りでで当たる場所があり、単発で少しだけ
続きました。
DSCN1236

DSCN1238

DSCN1237
この後またまた釣れない時間が続き、気が付けが時間は10時半を回って
いましたが、ツ抜けすらしていない状況です。
河口の払い出しの所で釣られていた方が、帰られる時に声を掛けてこられて
15cmクラスが数釣れたとのことでしたので、空いた場所に移動しました。
河口の払い出し部では連掛け続き、やっとキス釣りらしくなって来ました。
DSCN1243

DSCN1244

DSCN1245
12時前にカンターが20を超えたので、嫁さんと2人で食べる分を
充分確保出来たので、納竿としました。
釣果はピン~19cmを22尾でした。
DSCN1246
10時半までは最悪の釣果になると思いましたが、後に帳尻合わせが出来て、
良かったです。

この土日は、梅雨の中休みになるとの天気予報でしたので、
7月6日にまたまた由良川河口へ出撃しました。
ちょっと自宅を遅めに出たので、現地には7時半に到着です。
海からの風が少し強く、波が少し高く、濁りも少しあります。
DSCN1210
ルアー釣りの人も多く、思うポイントに入れません。
DSCN1211

DSCN1212
1投目は、単発です。
DSCN1213
2投目、3投目も単発ですが、型は中型サイズです。
DSCN1214

DSCN1215
しばらく単発が続きましたが、10時半頃から活性が上がり、連で
来ました。
DSCN1219

DSCN1220
これを機に、針を3本針から5本に変更すると4連で来ました。
DSCN1221
ここから爆ると思いましたが、祭りはここまでで、また単発が続きます。
DSCN1222
この日の最長寸です。
DSCN1224

DSCN1226
ここから単発続きとなりましたが、エサ切れまで、ほとんど素針なく
釣れて来ました。
DSCN1227

DSCN1228

DSCN1229
最後の1投は、21cmでした。
DSCN1230

DSCN1231
釣果は、33尾でした。
DSCN1232
今年の由良川河口は、いつもの年よりシモリが多く、キスもシモリ際の
ピンポイントにいるので、仕掛けの消耗が半端なく多いです。
時間を見つけて。仕掛けの補充をしないとあきません。

↑このページのトップヘ