あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

9月2日は、由良川河口へ行こうと思ってましたが、ライブカメラで
見ると、雨の影響で相当濁ってましたので、鳴門へ変更しました。
釣り場に着いて海を見ると、下の写真では判りにくいですが、ウネリが
相当あります。
DSCN1134
太平洋に台風があると、紀淡海峡に開けている場所なので、ウネリが
入って来ます。
場所選びを間違えてたと思いましたが、気を取り直して、投げると
1投目からドーン、ゴンゴンと当り、23cmが来ました。
DSCN1132

DSCN1133
これは行けるのではと思いましたが、そんなに甘くはなく、後が全く
続きません。
ウネリの少しでも小さい場所へ移動しながらですが、1尾追加したのみで
全くダメです。
DSCN1135
この後、ここを諦めて場所替わりしました。
車から見るとルネッサンスリゾートの横の浜がウネリが小さかったので、
試しに竿出ししました。
ここでも1尾が釣れた後、全く続きませんでした。
DSCN1136
この浜もすぐに諦めて、裏側の亀浦港で竿出ししましたが、テカミや
チャリコの外道ばかりで、フィッシュイータにボロボロにされたキスを
1尾追加したのみでした。
DSCN1137
今日は、何処へ行っても同じと思い、数投した後に納竿しました。
結局キス4尾の超貧果で撃沈しました。
DSCN1138

話は変わりますが、凄い風の台風でしたね。
皆さん、お怪我等なかったですか?
台風一過で、明日はいい天気みたいですが、週末は今の所、芳しくない
予報です。
秋晴れの下、いい釣りがしたいです。

前回の釣行で、上流側に新しい砂洲が出来ていることに
気付いたので、どんな感じか確認するために出撃しました。
新しい砂洲は、こんな感じです。
下流方向です。
DSCN1110
上流方向です。
DSCN1111
7時少し前から釣りを開始しましたが、キスの群れが小さいのか、
活性が低いのか、あまりエサを追わず、単発中心で素針も多い状況です。
DSCN1112

DSCN1113
型も中途半端で、ヒイラギやチャリコも針掛かりして来ます。
DSCN1114

DSCN1118
移動しながら釣りますが、状況は変わらず、釣り開始から1時間半で
やっとツ抜けです。
DSCN1121

DSCN1122
私用で11時には納竿しないといけないのですが、全く数が上がりません。
DSCN1123

DSCN1124
時間的に最後の移動で、やっと22cmを含んだ連掛けで来ました。
チャリコ付きです。
DSCN1126

DSCN1127
次に何と23cmが続きます。
DSCN1128
またまた24cmが続きます。
DSCN1129

DSCN1130
次は素針となり、11時前でしたので、切りよく納竿としました。
釣果は、ピン~24cmが22尾でした。
DSCN1131
最後に良型3連発で締め括れ、何とか形になりました。
お盆が過ぎて、朝晩少し涼しくなり、9月になれば落ちのシーズンと
なります。
今まで落ちの頃は、あまりいい思いをしたことがないので、今シーズンは
何とかいい釣りがしたいですが、どうなることやらです。



毎年の恒例ですが、夏季休暇は孫連れで城崎温泉に
14~16日で、出掛けて来ました。
15日は、海遊び兼釣りをして来ました。
どっぷりの釣りではないのと、孫連れでしたので、
詳細の画像が撮れませんでしたので、お許し下さい。
まずは、朝5時半から宿から近い気比の浜での釣りです。
気比の浜ではキスが薄く、3年生になった孫の泰雅には
時折釣れますが、私は全然でした。
DSCN1099

DSCN1100
朝の部は8時まで釣りましたが、私が1尾で泰雅が6尾の計7尾でした。
DSCN1101
宿で朝ご飯を食べて、昼から箱石まで少し足を延ばしました。
箱石では磯回りのピンポイントにキスがいて、いきなり22cmが
来ました。
DSCN1102

DSCN1103
その後もピンポイントに入れば2~3連で良型が当たって来ます。
DSCN1104
箱石では家族皆と交代しながら釣りでしたが、20尾の釣果でした。
本格的な釣りで、もう一度チャレンジしたくなりました。
DSCN1105
釣りの後は、リゾートマンションタイプの宿でしたので、白イカや
但馬牛を購入し、キスと共に皆で舌鼓を打ちました。
日本酒の香住鶴が料理に良く合い、ちょっと飲み過ぎました。
DSCN1109



ほんまは夜釣りがしたかったのですが、8月12日の朝から
由良川河口へ出撃しました。
前日に十数年振りに大学時代の連れと飲んでいたので、少し
遅めの朝7時半からの釣り開始です。
以前の報告したように7月の大雨の影響で砂洲が流されており、
下の写真のような状況での竿出しです。
DSCN1075
長い仕掛けが使えないので、3本針仕掛けです。
1投目から当りがあり、単発で来ました。
DSCN1076
型はまずまずです。
次はヒイラギ混じりです。
DSCN1077
ヒイラギを避けるために、早巻きで対応しましたが、少し遅かったようです。
DSCN1078
いつものことながら、早巻きすると単発が多くなります。
当りがあるのは、全て1色以内です。
DSCN1079

DSCN1081
連で掛かることもあります。
DSCN1080
単発が多く効率は悪いですが、素針なく釣れて来ますし、ピンがあまり
いません。
DSCN1083

DSCN1084
デジカメのレンズが汚れてて、数枚写りが悪いですが、ご了承下さい。
連掛け狙いで、ちょっと巻きのスピードを緩めるとヒイラギが掛かります。
DSCN1085
2連、3連と続き。
DSCN1086

DSCN1087
ヨッシャ行くでと思いましたが、また単発に戻ります。
DSCN1088

DSCN1089
たまに連で来ます。
DSCN1090
10時にカンターが30を超えたので、納竿しました。
ほとんど単発でしたが、ほぼ素針なしで釣れました。
DSCN1092

DSCN1093

DSCN1094
釣果はピン~18cmが35尾でした。
DSCN1096
今回は涼しい時間帯でサクっと釣れたので、身体的には少し楽な釣行と
なりました。
夏場は、いつもこうありたいですね。





先々週は、由良川河口で根掛り多発でしたので、8月4日は、根掛りを
ほとんど気にしなくていい、鳴門の土佐泊へほぼ1年振りに出撃しました。
今回の釣行は、会社の部下でソルトルアーマンの克と一緒です。
克は昨年からソルトルアーを始めて、今までまともな魚を釣ったことが
ないとのことなので、ルアーで釣れなかったら、エサでキスが釣らせて
あげようと思い、今回の同行となりました。
7時から釣りを開始しましたが、当日の満潮は11時半頃です。
ここの釣り場は、潮が低い時はあまり良くないのですが、1投目から
中型3連で来ました。
DSCN1058
次は小型を含み2連、ええやんと思いましたが、後が続かなくなりました。
DSCN1059
ルアーで投げまくっている克をほったらかしにして、移動を続けますが、
潮位が低いので、たまに単発でしか来ません。
DSCN1061
でも型は中型が中心で、ここの釣り場の特徴で1色以内で釣れて来ます。
DSCN1064

DSCN1065
釣り始めて3時間半後にやっとツ抜けです。
DSCN1066
11時半過ぎから明らかに潮位が高くなり、少し活性が上がって来たので、
克にもルアーをやめさせて、エサ釣りに変更させました、
潮位が高くなると連掛けが多くなります。
DSCN1070

DSCN1071
本日の最長寸19cmです。
DSCN1068
12時過ぎにカウンターが20を超えたので、納竿しようと思いましたが、
克がこの時点で6尾でした。
10尾は釣りたいとのことでしたので、のんびり釣りをしながら、しばし
待つことにしました。
結局13時まで釣り、私が24尾、克がジャスト10尾でした。
私の釣果です。
DSCN1073
克の釣果です。
DSCN1074
今シーズンは、サクっと短時間で20~30尾釣れるパターンがなくて、
炎天下に長時間釣るケースが多いので、疲れます。
でも克もキス釣りが好きになったようですので、良かったです。
来週からは会社も夏季休暇になりますので、半夜釣りにでも行こうかなぁと
思ってます。



↑このページのトップヘ