あつじぃーの投げ釣り一筋

舞鶴・宮津をホームグランドとする、投げ釣り三昧?のブログです。

今シーズンは二度40cm級のカレイを釣っているので、
二度あることは三度あると思い、12月2日に再び出撃しました。
7時前に釣り場に到着し、先週釣れた場所で竿出しする際に隣に
入っておられる方に挨拶すると、先週もお会いした方でした。
3本竿を準備してしばらくするとコンコンと当りがあり、20cm弱の
キビレが来ました。(リリース)
DSCN0918
その後すぐに近投の竿に19cmのキスが来ました。
DSCN0919
この日はここから全く魚の気配がなくなり、先週頻繁に当たって来た
キスもいなくて、潮が緩んでいい潮目が出て釣れそうな雰囲気がある
のですが、何も釣れず時間だけが過ぎて行きます。
合間に隣の方とお話しをすると、東二見に精通されており、「ナベさんの投げ釣り」
というブログも公開されているとのことでした。
お互いに釣れないと言いながら、ナベさんは、小型ながら2尾のカレイを
ゲットされたので、流石です。
私の方は相変わらず全くで、13時頃に竿を押さえ込む当りがあったので、
カレイと思いましたが、巻き上げ中全く重量感もなく、上がって来たのは
20cm弱のテンコチでした。
DSCN0920
その後も同じような状況が続き、エサ切れした15時過ぎに納竿としました。
釣果はキス、テンコチ各1尾の非常に寂しいものでした。
DSCN0921
東二見のカレイは産卵に入ったようで、乗っ込みは終わったみたいですので、
次回からは狙い場所を変えようと思います。
三度目の40cm級を期待しましたが、甘くはなかったです。

11月3日に良型カレイが釣れたので、続けて釣行した
かったのですが、私用が重なり3週間振りの釣行です。
今回も前回良型が釣れた東二見です。
明石海浜公園の駐車場に止めて荷物を担ごうとした時に
三脚をわすれたことに気付き、慌てて駐車場を出て、近くの
釣具屋で購入しました。
出鼻をくじかれたので、7時半釣り場到着となりました。
今日は小潮で干潮が8時半頃です。
竿出ししてすぐに20cmのキスが来ました。
DSCN0901
退屈しない程度にキスの当りがあるですが、大きなマムシのエサで、
針も大きいので、当りの全てが針に乗りません。
でも針に乗れば、ほとんど20cm以上の良型です。、
DSCN0902
潮が上げに変わるとキスの当りも活発になり、25cmが来ました。
DSCN0903
頻繁に当りがあるのに空振りが多いので、一本の竿の針を13号から
11号にサイズダウンしたら少し小さいサイズも針掛りするように
なりました。
DSCN0905

DSCN0904
その後もカレイは釣れず、20cm前後のキスばかり釣れます。
DSCN0906

DSCN0908
25cmに近いサイズも来ます。
DSCN0909
13時半を回った時にまたまた24.5cmが来ました。
DSCN0910
今日はキスばっかりかと思いながら、上のキスを針から外していると
真ん中の竿が大きく押さえ込まれ、明らかにカレイとわかる当りがあり、
ドラグを鳴らして、糸が出て行きました。
少し送り込んで、大きく合わせを入れてリールを巻くと、凄い重量感と
締め込みがあり、海面に姿を見せたのは、前回と同サイズのカレイです。
今回も3号ハリスで高い波止を恐る恐る抜き上げたのは、ジャスト40cmの
マコガレイでした。
DSCN0911
まさか1シーズンの2尾の40cm級のカレイが釣れるとは、奇跡としか
言いようがありません。
この1尾でもう充分と思い、納竿としました。
釣果はキスの16~25cmが10尾とマコガレイの40cmが1尾
でした。
DSCN0912
今回のマコガレイは下の写真のように特大の子を持ってました。
DSCN0917
今シーズンは、ほんまにビックリです。

11月3日は祝日なので会社は出勤日やったのですが、休みを取って
東二見へカレイ狙いで出撃しました。
エサのマムシが切れるまで釣ろうと思い、須摩で2000円分購入して、
東二見に到着したのは、6時半を少し回った頃でした。
いつもながら波止にはたくさんの人がいましたが、昨年釣れたポイントに
陣取ることが出来、無事に3本の竿を準備し終えました。
DSCN0891
いつもながらエサ取りが多く、マムシが瞬殺でなくなります。
この日は満潮が9時30分頃なので、潮止まり前後が時合かなぁと思い、
最初はのんびり気味でエサ替えしてました。
8時半を過ぎた頃から潮が緩み出したので、時合が近いと思い、頻繁に
エサ替えをし、キャストを繰り返しました。
9時過ぎに近投で攻めていた竿を少し煽って誘い掛けたら、オモリ着底するや
いなや手元に当りが伝わって来たので、反射的に合わせを入れたら、かなりの
重厚感のある魚の引きが伝わって来ます。
底へ行こうとする締め込みもきつかったので、良型のカレイと確信してリールを
巻き続け、水面に姿を現したのは、今まで見たことのない大きさのカレイでした。
3mぐらいの高さの波止をハリス3号で抜き上げられるか不安でしたが、恐る恐る
抜き上げたのは、ジャスト42cmの肉厚たっぷりの座布団級カレイでした。
DSCN0892
波止に上げたとたんにハリスが切れたので、ほんまにラッキーでした。
人生初の40cm級カレイです。
時合到来と思い、更に頻繁にエサ替えをし、キャストを続けましたが、
後が続きません。
11時半頃に周りのキャスターにバタバタとカレイが釣れ始め、4色から
3色に替わる辺りを攻めていた私の竿にも当りがあり、30cmを少し
切れた29cm肉厚充分のカレイが来ました。
DSCN0893
複数枚のカレイを釣るのは久し振りです。
もう1枚30cm級のカレイを追加と思い、キャストを続けましたが、
飲み込まれてキープしたチャリコのみで、エサが切れた12時半に納竿と
しました。
DSCN0894
釣果はカレイ2尾、チャリコ1尾でした。
DSCN0895
何か、カレイ釣りの全ての運を使い果たしたような釣りになりましたので、
この先〇ボが続かないように祈るのみです。
さすがにこの大きさのカレイは食べ応えがあり、嫁さんと2人の食卓では
充分過ぎて、食べ切れませんでした。
42cmの表側の刺身です。
DSCN0897
裏側、骨、皮の唐揚げです。
DSCN0899
29cmは煮付けにしました。
DSCN0898
美味しかったです。

10月14日は、曇りか小雨模様の予報でしたので、落ちギスを
求めて高浜へ出撃しました。
ちょっと遅めに家を出ましたので、7時半頃から釣り開始ですが、
投げても投げても当りなしです。
駐車場のおっちゃんが話しかけて来て、先週は良かったけど、
昨日は凄いシケてたので、今日はアカンとのことです。
周りのキャスターも誰一人として、釣ってません。
浜を移動しながら9時半まで釣りましたが、生体反応なしでした。
次の場所を何処にしようか考えましたが、なかなか思いつかず、
ホームグランドの由良川河口に移動することにしました。
由良川河口での一投目は、ピンのダブルでリリースです。
DSCN0878
次もピンでその次はミニヘダイです。
DSCN0879

DSCN0880
生体反応があるも、リリースサイズばかりです。
数投目にやっとキープサイズが来ましたが、ピンや外道も針に付いてます。
DSCN0881
その後ピンばかりです。
DSCN0884

DSCN0885
1時間半ほど釣りましたが、諦めて帰ることにしました。
キープサイズのキスは3尾のみでした。
DSCN0886
毎年のことながら、気まぐれな落ちギスは、私に微笑んでくれませんでした。
またまた釣れないパターンが多くなると思いますが、来週からはカレイ狙いです。
カレイ狙ってて、落ちギスが入れ食いなんてことがあったらいいんですが・・・

9月の半ばから私用があったり、孫の運動会があったりで海に
出てませんでした。
3週間ぶりの10月8日に出撃しました。
くまぞうさんから情報をもらっている高浜にしようか悩みましたが、
結局由良海岸にしました。
結果は全くダメでした。
前日までの雨の影響でゴミも多く、当りも全くでした。
ポイント選びの難しさを実感しました。
釣れたまともな魚は、30cmに満たないマゴチのみでした。
DSCN0877

ほんまに情けない結果でした。

↑このページのトップヘ